誰でも安心してできる「頑張らない投資」とは | ライターお仕事「ライティングマーケット」
誰でも安心してできる「頑張らない投資」とは

誰でも安心してできる「頑張らない投資」とは


投資は一般的に、リスクを背負ってリターンを求めたり、安心とは程遠いイメージがあります。

一方、頑張らない方法は性格が正反対で、むしろ一生懸命にならず、大きなリスクを取らなくても、将来的にリターンが得られる方法です。

重要なのは、安心して続けられるという共通点であり、今までのようなやり方でなくても、着実に利益が求められることです。 株取引は、将来性のある銘柄を選び、そこに資金を投入し、企業が将来成長した後に利益を回収します。

ただ、多くの投資家は目先の利益を求め、デイトレーディングする状況に陥っています。

株で頑張らない為には、安定した経営が望める企業を絞り込み、数年後の利益に期待して資金を投入する、これによって頑張らない投資で安心が得られます。

為替の変動で利益が決まるFXは、微小な変動幅が収入や支出を大きく変えるので、安心を重視して求める場合は向きません。

逆に、頑張らない方法の最終地点である、理想的な投資の姿は、放置しても利益が得られる状況です。

株なら、最初に銘柄を選定して購入を行えば、後は寝かせておくことが可能です。

勿論、上場廃止や倒産の危機等、不測の事態に備えることは大切ですが、将来性に期待感が持てる企業を絞り込んでおけば、これらのリスクを避けることが出来ます。

事前に銘柄を絞り込み、選定する手間がある部分に関しては、リスクの分散を考慮して、複数の銘柄を少しずつ購入すると良いでしょう。

この点、FXは安心出来る要素が少なく、僅かな市場の変動に振り回されてしまうので、理想とは対極にある選択肢といえます。

FXどころか、株にも全く興味がない場合は、不動産がリスクの少ないおすすめの選択肢です。

不動産には将来性がありますし、対象を国内だけに限定せず、海外も視野に収めれば、将来的に大きな利益が得られる可能性に結び付きます。

最初に資金が必要ではあるものの、手堅く資金が活かせる方法ですし、購入したら株のように細かくチェックしなくても良く、時間と共に価値が高まる結果に期待出来ます。

国内では購入に大金が必要ですが、海外なら僅かな資金でも買うことが可能なので、発展途上国なら無理のない金額で安く、低リスクで購入することは難しくありません。

反対に将来、大幅に価値が上がる可能性を秘めますから、手元にある程度の資金がある、でも何に投入を行えば良いか分からない場合、不動産が悩みを解決するヒントとなるでしょう。

何より不動産物件は、買って所有するだけに留まらず、付加価値が付けられる余地もあるので、他にはない柔軟な投資先として機能します。