イギリス発祥の「プレビルド投資」と「機会損失」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
イギリス発祥の「プレビルド投資」と「機会損失」

イギリス発祥の「プレビルド投資」と「機会損失」


海外不動産の購入を検討されたことがある方は「プレビルド」という言葉を聞いたことがあると思います。

この「プレビルド」とは、建物が完成する前に、物件代金を支払い、その分、安く購入する方法です。

最終提示価格より安く購入できるのは確かなのですが、建物が完成する前に購入する為、「運用が開始していない=賃料(インカムゲイン)が発生しない」という図式が成り立ちます。

インカムゲインが発生しないということは、「投資資金を寝かせている=機会損失」ということにもなりかねません。
(その分、安く購入できているのは事実ですが。)

そこでお勧めなのが、「利回り保証付きのホテル物件」です。

この「利回り保証付きのホテル物件」は、一般的なコンドミニアム(マンション)と違い、「完成後は利回りが保証」されています。

例)6%の利回りを10年間保証する

そして、ここからが魅力的なのですが、デベロッパー(販売者)のキャンペーン等と重なると、更に「完成までの利回り保証」が付与されるケースがあります。

「完成までの利回り保証」が付くタイミングで、このような「利回り保証付きのホテル物件」を購入すると、すぐにインカムゲインが発生するので、プレビルドの弱点である、完成までの機会損失を防ぐことが可能です。

このように、良いタイミングで海外不動産を取得されることをお勧めします。