リスクが心配なソーシャルレンディングでも担保付きなら安心 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
リスクが心配なソーシャルレンディングでも担保付きなら安心

リスクが心配なソーシャルレンディングでも担保付きなら安心


株式や債券、FXといった投資や、銀行預金などの従来の資産運用に加えて、ソーシャルレンディングという投資方法が徐々に注目度を増しています。

ソーシャルレンディング事業者が投資家から集めたお金を、会社などを相手に融資します。

投資家にとっては貸付利息で利益を享受できる魅力があり、借りた会社は低金利で資金調達ができるという、お互いにとってメリットのある方法です。

貸し手側のメリットとして大きいのが、金利の高さです。

ソーシャルレンディングは商品ファンドを購入する形で出資することになります。

商品ファンドに設定された金利分の利益の一部を毎月配当してもらえます。

金利が比較的高めに推移しており、5%を超える商品ファンドも少なくありません。

銀行預金に比べても圧倒的な高い金利が設定されているため、効率の良い資産運用が可能です。

但し、ソーシャルレンディングは銀行預金と違って元本保証がありません。

このリスクを回避するには、担保付きの商品ファンドを購入するのがおすすめです。

担保付きの商品ファンドとして、不動産担保付きが人気を集めています。

お金を借りる会社などが持っているビルや土地などの不動産を、投資家に代わって融資をするソーシャルレンディング事業者が担保として確保します。

つまり抵当権を持つことになりますので、貸し付けた相手が倒産して貸倒れ状態になっても、不動産を処分するなどしてお金を確保することが可能です。

出資金の100%が戻ってくる保証はないものの、全くお金が戻ってこない事態に陥る心配が減り、安全に投資がしやすくなります。

逆に担保なしの商品ファンドは、リスクがあまりにも高いと言わざるを得ません。

高金利で提供されていたとしても、担保なしのものには投資しないのが無難です。

担保があれば完璧にリスクを防げるとはいえませんから、複数の商品ファンドを購入して、リスク分散をするのが賢い投資方法だといえます。

多くの商品ファンドを取り扱っている事業者の利用が便利です。

しかし、仲介役となる事業者自身が倒産しても出資金が戻ってこないリスクを負いますから、複数の事業者にリスク分散する方法も考えておきたいところです。

ハイリスクハイリターンと呼ばれる投資方法ですから、リスク管理さえしっかりとしていれば、多くの利益を享受できる優れた面を持っています。

インターネットで簡単に口座開設や商品ファンドの購入が可能ですので、利用を検討してみましょう。

この記事のライター