太陽光パネル投資はまだ間に合う? | ライターお仕事「ライティングマーケット」
太陽光パネル投資はまだ間に合う?

太陽光パネル投資はまだ間に合う?


太陽光発電は、2011年の東日本大震災と、その後の電力不安をきっかけにして、電力の定額買取制度を強力な後押しに一気に普及が進みました。
太陽光発電自体はそれ以前からあった技術ですが、自然エネルギーゆえの天候次第で成果が不安定などの課題があり、従来型の火力・原子力などの電気の補完として使われていました。

震災で原子力発電の見直しが求められ、それに代わる新たなエネルギー源として注目、普及を促進するための制度が定額買取制度でしたが、買取り金額が投資として魅力になるよう、販売価格に対して割高であったことから見直しが求められています。

これは日本に限らず、環境先進国ドイツなどでも同じ現象が起きて、自然エネルギー開発の見直しが求められていますが、この間に太陽光発電の設備投資が普及したことで、量産効果による設備投資の低価格化と高性能化が進んだことは大きなメリットです。

太陽光パネル投資は、初期投資である設備投資の成果である電力を販売し、労働力などの人件費を抑えたビジネスモデルは、不動産投資に似た一面があります。
投資対象として考えた場合に、成果を保証する固定買取制度が縮小されているのは従来に比べると一見魅力が後退しているようですが、電力需要は将来的にも増えることはあってもなくなることはありません。

販売単価は太陽光発電の黎明期とも言うべき震災直後に比べると、将来的に回復を見込むのは難しいですが、当時は現在に比べると、パネルの性能は高いとは言えず、価格も割高でした。
普及によって低価格化、高性能化が進み、従来より設備投資の金額が抑えられるので、採算性は向上しています。
また、設備投資の資金調達を借入で行う場合は長引く低金利が後押ししてくれるので、太陽光発電の黎明期にあった、補助金と固定買取制度をあてにしたビジネスモデルではなく、持続的に経営可能な安定収入として見込むことができます。

太陽光パネル投資では、パネルの発電効率、将来の維持管理コストを見据えた製品選びも大切です。