エンジェル税制とは | ライターお仕事「ライティングマーケット」
エンジェル税制とは

エンジェル税制とは


エンジェル税制とは、個人投資家がベンチャー企業に投資をすると税制上で受けられる優遇措置です。
詳細については、別の特集として取り上げて行きます。

まだまだエンジェル投資そのものが、日本では知名度が低いですが、アメリカにはエンジェルネットワークが形成されるほど浸透しています。投資をしながら節税ができ、ベンチャー企業も投資をしてもらいやすくなるというメリットがあります。

個人投資家は投資すると、優遇措置Aまたは優遇措置Bを選ぶことができます。優遇措置Aは平成20年4月1日以降に投資した要件が対象で、当敷金学から2000円を引いた額が総所得金額から控除されます。総所得金額に40%とかけた額と1000万円を比べて低い方が控除されます。優遇措置Bは他の株式の売買によって得たお金で、ベンチャー企業に投資したら全て控除されます。

限度額はないため、いくらでも投資できます。またエンジェル制度では株式を売却した時も優遇措置を用意しています。
上場前のベンチャー企業の株式を売った時に赤字になっていれば、他の株式で得た利益で補填することができます。もし損失をカバーすることができなかったら、次の年から3年間は損失の繰越が可能です。

ベンチャー企業の中には上場しないで破産することもありますが、エンジェル制度では価値のない株式でも3年間は繰越や相殺が可能です。この場合における損失とは購入時に適用された控除金額を差し引いたものです。

エンジェル制度が適用される個人投資家は、お金のやり取りをしてベンチャー企業の株式を持っている人なので、他人から譲渡してもらった時は対象外です。

ベンチャー企業の定義には社員数や年数など細かく設定されていますが、経済産業省のホームページに掲載されているので、どの企業が対象かは簡単に分かります。投資で得た利益には税金を払わなければならないので、エンジェル制度でも確定申告は必須です。

エンジェル税制を使うためには確定申告書に書類を添付します。その書類は投資先のベンチャー企業からもらうので、早めに準備しておくのが得策です。

インベスターズガイドでは、スタートアップや投資家に対する、エンジェル税制の周知も行ってまいります。