人工知能(AI)の活用と危険性 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
人工知能(AI)の活用と危険性

人工知能(AI)の活用と危険性


まず、人工知能(AI)とは何か説明しますと、コンピュータに人間の様な考え方を組み込んだものです。

そのため、コンピュータの利点である莫大な量の情報を瞬時に処理することも出来ますし、ある二つのテーマの関連性の有無などを自分で判断することができますし、人間の様に意思決定をすることが可能になりました。

また、一度覚えた情報は忘れることがないため、今あるデータと過去のデータとを照合しながら総合的な判断も可能になりました。現に利用されていることでいいますと、飛行機のパイロットは着陸や飛行時はオートパイロットに任せていますし、最近発表された自動運転車は自動で縦列駐車や車庫入れを行うことができますし、また、走行中に左右の白線と前方の車との距離間を一定に保って走行することが可能になりました。

今後は自動掃除機が一時期ブームになりましたが、あれは数パターンの設定されたランダムな動きに沿って移動しているだけだったので、人工知能を取り入れれば、埃やゴミのある部分だけを入念に集中して掃除することができますし、省エネ対策にもなります。

また、言語処理能力や表情分析にも優れており、人間と何気ない会話も出来るようになるため、店頭でAIロボットに接客をさせることも可能になります。

また、過去のデータや様々な情報を総合的に判断することができるようになり、天気予報の的中率が格段に上がることで、数秒単位で天気の変化を予測することができます。人工知能は多くの分野に活用され期待されていますが、ある大学の研究発表で、人工知能に今ある仕事の50%を任せることができるようになります。これは何を言っているのかというと、人間の失業者が多く出てきてしまうということです。

要するに、人間が活躍する場が減ってしまうことで、さらなる貧困や格差の拡大や利権を獲得するための戦いで急激な人口減少が起こります。人工知能とは、人類最大の発明でもあり、人類最大の危険要素になりかねません。

しかしながら、それすらも人工知能により解決出来、より良い社会を形成するツールとして活用される予想も多くされています。
これから来るパラダイムシフトとともに、大きなビジネスチャンスの到来と良い方に捉え、是非人工知能について学習してみて下さい。