自分に合った生命保険の選び方 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
自分に合った生命保険の選び方

自分に合った生命保険の選び方


世間では様々な種類の保険があふれていますが、自分や自分の家庭にどのような保険がどれくらい必要なのかを考えるのはなかなか難しいものです。

しかしその中でも一番に必要とされるのが、生命保険です。その名の通り、死亡したとき、もしくは植物状態や重度の障害を負ってしまうなど、被保険者の生命に万が一のことがあったときには、保険会社から保険金が支払われるというものです。

生命保険を選ぶにあたっては、まずはどのくらいの保障額が必要なのかを考えます。例えば結婚していて配偶者や子供など扶養している家族がいる男性の場合、亡くなることで家計に与える金銭的負担は非常に大きいものになりますので残された家族が不自由なく生活していけるだけのプランを選ばなければなりません。

一方、独身である、もしくは結婚していても子供が大きくなっていて教育費などの負担が少ない、など特に金銭面で心配が少ないようであれば、最小限の額でプランを組むという選択もできます。支払われる保険金額が多いほど、月々に支払う保険料は多くなりますので、むやみに高い保障プランを選んでしまうと、家計を逼迫する原因になってしまいます。今の貯金額・持ち家の有無・家族構成などを総合的にみて、必要額を算出して、それに合うプランを選びましょう。

必要な保障額が決まったところで、次に選ぶのは貯蓄型と掛け捨て型の2つのタイプ、どちらを選ぶかです。貯蓄型の場合、保障期間は一生涯となり、申し込み時の年齢に応じて保険料が決定し、払い込み期間が終わるまでその金額を払うことになります。払い込み期間が終了したあと、解約すると解約返戻金として今まで支払った保険料のいくらかが返ってきます。

一方、掛け捨て保険は定期保険となりある程度期間がすぎれば更新の手続きが必要となります。保険料は年齢が高くなるにつれて上がっていきます。途中で解約しても支払った保険料は戻りません。同じ保障額であっても、貯蓄型は保険料が高く、掛け捨て型は安いです。

一生涯の保障がほしい場合は貯蓄型、子供が成長するまでなど一時的に保障が欲しい場合は掛け捨て型など、自分で考えて選択することが必要です。