田舎に住もう 0円不動産と自給自足の生活 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
田舎に住もう 0円不動産と自給自足の生活

田舎に住もう 0円不動産と自給自足の生活


都会のあくせくした忙しい生活を毎日必死で頑張っているのに、老後の資金のめどが立たず、年金をあてにすることができないという人がたくさんいる時代になってきました。これからの暮らしをどうしたらよいのか、自分や家族の幸せとは何だろうと疑問や不安を抱えながら、毎日の忙しさに疲れている人が増えているのです。最近話題になっている0円不動産は、疲れた心を癒して、楽な気持ちで理想の生活ができる新しい考え方として、最近大変注目されています。

0円で不動産を所有できる、と聞くと、そんなはずはないと思う人が多く、人生の中でも大きな買い物の不動産を楽に持つことができることはないと思い込んでいるかもしれませんが、太陽光発電をはじめ、再生エネルギーと持ち家を上手に組み合わせることができれば、家賃やローンを実質0円に圧縮し、多額の現金がなくても家を購入することができる可能性があるのです。

特に、気象条件が良く、広々と土地を使うことができる田舎では、再生エネルギーを有効に活用することができるので、条件が良く、お金をかけずに家を持つことが可能になってくるので、大変注目されています。太陽光発電をすることで、自分で使う電力を賄うことが期待できることは、良く知られています。気候条件が良い田舎暮らしで、大きなパネルを設置することができれば、自分たちで使う電力以上に発電をすることができるため売電を利用して他の光熱費を捻出したり、ローンの支払いをすることができる可能性があるのです。

近年、都会のせわしない暮らしに疲れてしまい、田舎暮らしを希望する人が増えてきています。季節を感じながら体を動かし、家庭菜園などをして自給自足の生活をしたいという人は、0円不動産に向いています。再生エネルギーを有効に活用して、地球や環境にやさしい暮らしをしながら、自分で作った野菜をおいしく食べ、売電で得たお金で生活をしていくことで、実質0円で自分の不動産を持ち、安定的に生活することができるので、将来的にも安心です。ローン支払いがなくなれば、年を取って若い頃よりも病院代や交通費、介護費用などが掛かるようになっても、安心して生活することができるため、自分たちで作り上げてきた田舎暮らしを続けながら、快適に過ごすことができるのです。ローン支払いがなくなった時点で、老後の生活費と家のメンテナンスにお金をかけるように意識することで、安心した暮らしを続けることができるのです。