ソーシャルレンディング の危険性はどのようなものがあるか | ライターお仕事「ライティングマーケット」
ソーシャルレンディング の危険性はどのようなものがあるか

ソーシャルレンディング の危険性はどのようなものがあるか


ソーシャルレンディングを始めようと思っているときには、その危険性についてしっかりと理解をしておく必要があります。

これは投資全般に言えることですが、リスクを理解しないままに投資をするというのはそれ自体が大きなリスクとなってしまいます。

ソーシャルレンディングを始める場合も危険性をまず理解するところから始める必要があります。



投資をする側にとって大きなリスクとしては、「元本が補償されていない」ということがあり、融資先が返済不能となれば貸倒れとなってしまいます。

現在のところ元本割れをしたというケースはないということになっていますが、貸倒れの可能性については承知の上ということになり、この先どうなるかはわかりません。

仮面を被ったスーツ姿の詐欺師

もうひとつ大きな欠点としてソーシャルレンディングでは「融資先がわからない」という問題があります。

これは業者側が情報を公開しないのではなく、「公開できないという理由」があり、「融資先がわかってしまうと貸金業法に触れる」ことになるので、投資をする側としてはどこに融資をするのかを知ることができません。

そのため、融資先が信用できる企業なのか貸倒れの危険性はないのかということをはっきり知ることができないのです。

ある程度の概要は仲介業者から発信をされますが、それがどこの企業なのかを特定することができません。

企業の状況がわからないままで投資をしなければならないため、どの程度のリスクがあるのかはっきりしない状況で投資をしなければならないという大きなリスクがあります。

ソーシャルレンディングの仲介業者を全面的に信用するよりほかがないため、極端な話、架空の融資先をでっち上げて資金を集めるということも可能です。

つまりは、投資詐欺に引っかかってしまう可能性も出てくるということです。

一応は「金融商品取引業者として登録」をされているのかどうかということを確認することによって、危険な業者を避けることはできます。

しかしながら、これからソーシャルレンディングがますます注目を集めていく中で、どのような悪徳業者が出てくるかはわからないため、融資先がわからないというのは非常に大きなリスクということになります。



高金利が魅力ではありますが、まだまだ登場したばかりの金融商品ということもあり、未知の危険性が潜んでいる可能性もあるため、投資をする場合には慎重になる必要があります。

高金利にだけ目を奪われて危険性を理解しないままに投資をすれば、すべてを失ってしまう恐れもあるので注意をしましょう。

この記事のライター