民泊による0円不動産の実現は可能か | ライターお仕事「ライティングマーケット」
民泊による0円不動産の実現は可能か

民泊による0円不動産の実現は可能か


0円不動産は不動産を購入するための資金を購入した不動産を利用したビジネスなどで賄うという非常に画期的な方法です。

一見非常に難しい方法と考えられがちですが、その綿密な計画と準備の工夫によっては十分実現可能なだけでなく、さらに利益も生みだすことが出来るものとして注目されています。

0円不動産の実現方法としてよく言われるのが太陽光発電です。

最近では屋根に太陽光発電パネルを取り付け発電した電気を電力会社に売電することで収入を得ることが出来、この収入が月々の住宅ローンの支払額と同等になると住宅を0円で購入したのと同じことになるという考え方です。

また、賃貸利用も同様に住宅の一部を賃貸として家賃収入を得ることでその収入で住宅ローンをまかなえれば0円ということになりますが、その他にも様々な方法で住宅を利用して収入を得る方法が有ります。

その中でも最近注目されているのが民泊です。

特に最近では外国人の旅行客も増え、日本での宿泊施設が枯渇していることから一般の住宅に宿泊費をとって宿泊させる民泊が注目を集めています。

インターネット上でも仲介を行うサイトが高い人気を博しているという実態も有り、自宅を利用して簡単に収入が得られる方法として注目されているのです。

さらに、民泊のメリットは一日単位の収入が得られる点にあります。

賃貸の場合には一か月単位の家賃を徴収する形になりますが、その場合には一日単位の宿泊に比べ金額が一日単位に換算すると少ない点がデメリットとなります。

しかも、民泊の場合には自宅の空いている部屋を提供する感覚でよいのに対し、賃貸の場合には生活環境を提供しなければならないという面があるため、部屋の容易だけではなくトイレや風呂、若しくはその他の生活環境も快適に整備する必要があり、その分出費がかさんでしまうというデメリットも有るのです。

0円不動産を実現するためには恒久的に高い収入が得られることが非常に重要となります。

その面では一日単位で宿泊してもらい収入を得るよりも賃貸で長期に収入を得られる方が一見有利であると考えるものです。

しかし、賃貸の場合には生活環境を提供しなければならない点から、自分の住宅であれば必要のない設備の導入や清掃などに於ける環境維持管理なども必要になり、利益が思うように上がらないことも多いのです。

対して民泊の場合には一日単位の収入がある事や、簡単な維持管理でコストを掛けずに効果的に利益が得られる有効な手段であると考えられます。