低金利、低所得、低価格、3低時代の0円不動産という考え方 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
低金利、低所得、低価格、3低時代の0円不動産という考え方

低金利、低所得、低価格、3低時代の0円不動産という考え方


日本のみならず、世界的に見ても景気がなかなか回復せず、不安な時代を過ごしている中で、国内では、低金利が続き、所得も低く、物価も上がらないという3低時代に突入しています。給与水準が低迷しているため、生活費や貯蓄、老後の生活資金などを捻出するのに苦労しているという人が多く、マイホームなどの不動産取得にまで気持ちもお金も回らないという人が多いのです。賃貸で暮らしていると家賃がもったいないけれども、資金がないのでマイホームを購入することができないという人や子供の教育費や日々の生活費、老後の資金が不安だからマイホームを購入する気持ちになれないという人、エコな暮らしやロハスなど自然と共存した暮らし方に興味があるという人に、最近注目されているのが0円不動産です。

0円不動産は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これからの時代を豊かに生きるための戦略として大変注目されています。不動産価値が0円という訳ではなく、快適な住居を実質0円で取得しようという考え方で、投資としても話題になっている考え方です。最近は、技術力が進歩してきているため、省エネルギーなシステムが開発されたり、気密性や断熱性が高い高機能性の住宅が開発されたりしています。省エネルギー住宅と太陽光発電などの再生エネルギーを組み合わせることで、自分の家で使うエネルギーをお金がかからない再生エネルギーを利用するだけでなく、売電システムなどを利用して、住宅ローンを支払ったり、生活費にあてたりすることが可能になってきています。つまり、実質0円で、快適な暮らしをすることができるという画期的な考え方なのです。

0円住宅には、さらなる可能性もあります。住宅に賃貸を併設することで家賃収入を得たり、民泊を実施したりすることで、不動産を実質0円で取得するだけでなく、副収入が期待できるという可能性です。副収入があれば、子供の教育費や生活費はもちろん、家や不動産のメンテナンス費用や老後のための貯蓄を計画的に行うこともできるようになります。気持ちに余裕ができ、低金利で低所得、低価格の3低時代を、豊かに過ごすことができることが大きなメリットで、今とこれからの将来を支える大きな安心につながることが注目されている理由です。0円不動産は、地球や環境にやさしく、人にも優しい、これからの住宅として大変注目されており、将来への不安がある人にも知ってほしい、積極的な老後の不安対策でもあります。