0円不動産の賃貸併用住宅で安心生活 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
0円不動産の賃貸併用住宅で安心生活

0円不動産の賃貸併用住宅で安心生活


憧れのマイホームを手に入れたいけれども、自己資金やローンの返済、老後の生活に不安があるという人に注目されている0円不動産は、省エネ住宅と太陽光発電などを組み合わせることで、ローンの返済を実質0円にするという考え方で、高性能の家と最先端の発電技術によって成立するこれからの世代を支える住宅の形です。

現代社会は、不景気と超高齢化社会がダブルで押し寄せているので、現在の生活にも余裕がなく、将来に備えることも難しい人が多いため、マイホームの取得をためらっている人が増えてきています。

将来的な不安としては、やはりお金の問題が大きく、運用や制度自体に不安がある年金は、現役世代が受け取るころには期待ができない状態なので、自分で貯蓄を進めるしかありません。

また、現在の景気状況では、賃金アップが期待できないので、ローンを組むことにためらいがある人もたくさんいます。

さらに、健康で長生きできればよいのですが、親の介護や自分の病気などで、働くことができなくなる状況も考慮しなければならない時代になってきています。

介護離職する人や病期の治療のために休職する人の割合も、年々増えているのが現状なのです。

先々の生活に不安があるという人は、ずっと賃貸暮らしをすることになると思っているかもしれませんが、安心できるくらしのために、0円不動産という選択肢もあります。

0円不動産は、太陽光発電などの再生エネルギーを有効に活用することで、自分で使う電力などのエネルギーを賄い、さらに余剰電力を売電することでローンの支払いを実質0にすることを目指している考え方で、光熱費が軽減できるうえに、ローンの支払いが楽になるため、老後の不安対策として、今大変注目されています。

さらに、自宅に賃貸を併設する賃貸併用住宅を0円不動産で取得することで、自分の家はもちろん、賃貸部分のローン支払いも0に近づけることが期待できるので、投資として注目されています。

賃貸併用住宅は、一戸建てよりもエネルギー効率が良い上に、太陽光発電のパネルを広く設置することができるため、売電に回すことができる余剰電力を多く見込むことができるといわれています。

ローンの総額は大きくなりますが、余剰電力が大きく、エネルギー効率が良い省エネ賃貸は最近大変人気があるので、空室リスクを抑えることも期待できるため、老後の不安対策ができる副業として、若い人からも注目されているのです。