2世帯住宅を0円不動産で取得する | ライターお仕事「ライティングマーケット」
2世帯住宅を0円不動産で取得する

2世帯住宅を0円不動産で取得する


高齢化社会が加速して超高齢化社会と言われるようになり老後の生活に不安を抱える人が多くなってきています。

年金の資金運営が不安定で、将来的な安定度が少ないことや制度自体に不安があること、高齢者が増えてきていることなどにより、現在年金を受け取っている人にも、現役世代にも不安感が広がっています。また、日本の経済もなかなか上向かないという現状があり、低賃金で低金利、低価格の3低時代を迎え、ますます経済的な不安が広がりかねないという現状です。

年金への不安や将来に備えた貯蓄が難しいという現実、高齢化など、自分も家族も、元気で楽しく暮らしたいのに、不安ばかりあるという人が多く、マイホームが欲しいけれどもなかなか実現させることができない人も増えてきています。

親の介護や生活費の節約、子育てなどを考えたときに、2世帯同居を考える人も多いと思いますが、プライベート性を考えると、2世帯住宅が良いという人も多く、最近は2世帯住宅の人気が高まってきています。

しかし、2世帯の住宅は、費用が高くなることが多く、自己資金がない人には難しい選択肢でもあります。

最近、話題になっている0円不動産は、高気密で高断熱の省エネルギー住宅と太陽光発電など再生エネルギーを効果的に活用することを組み合わせた、家計にやさしい住宅として、2世帯を考えている人の間で大変話題になっています。

2世帯の住宅は、文字通り2世帯が一緒に住むための家なので、別々に暮らすよりもエネルギー効率が良く、家も大きいため、太陽光パネルを設置する面積が広く、0円不動産に向いていることが多いため、注目されているのです。

0円不動産は、太陽光発電で得たエネルギーを自分たちで使うだけでなく、売電制度を活用して、ローンの支払いなどにあてるという考え方なので、副収入を得ているのと同じ効果があります。

太陽光を利用するのでお金がかからず、初期費用をローンに組み込むことで、新築の2世帯住居でも実質0円で手に入れることができる可能性があるのです。

0円不動産なら、親の世代の生活費にも、自分たちの生活費にも余裕ができ、住宅のメンテナンス費用や自分たちの老後のための貯蓄などを計画的に行うことができ、家賃や住宅ローンの支払いも楽になるため、気持ちに余裕ができ、家族で楽しく、快適な生活を送ることができる可能性があるところがメリットで、注目されている理由です。家計にも、家族にも優しいのが0円不動産なのです。