スマートアグリの仕組みとIT技術の進歩について | ライターお仕事「ライティングマーケット」
スマートアグリの仕組みとIT技術の進歩について

スマートアグリの仕組みとIT技術の進歩について


近年の農業技術の発展により日本でも大規模農業が導入され始めている一方で、地域の特色を生かした安心安全な作物を一つ一つ大事にしていこうという時代の風潮も色濃くなってきています。

生産者の顔が見える作物というものが広く知られるようになり、農家の名前や顔写真とともに作物を販売することで消費者への安心を提供しているのです。

しかしながら、各農家で生産方法を改善していかなければ作物消費も伸び悩みをみせているのもまた事実であり、近代技術の発展を上手に取り入れていかなければならない現実があります。

そこで近年注目を集め始めているのが「スマートアグリカルチャー」あるいは「スマート農業」とよばれる農業形態です。スマートアグリと略して呼ばれるこの農業形態は、先進技術を生かして生産管理や品質・生産効率などを改善向上させていこうという新たな農業の取り組みのことを指します。

つまり、機械類を現場で上手に使って農業をスマートに行っていこうということなのです。

スマートアグリという言葉の普及と実際に取り入れる農家の増加を目指し、農林水産省はスマートアグリを「ロボット技術やITなどの先進技術を活用し、超省力化や高品質生産などを可能にする新たな農業」と定義し明確な位置づけを示しています。

この農業形態の導入による上手な仕組みの構築の具体的な例として、農業機械の自動制御による超省力化や大規模農業の導入実現、センシング技術や過去の記録を利用した生産予測や多収・高品質生産の実現、ロボット技術による人件費の削減と安全性の確保、重労働の緩和、運転アシスト機能を応用させた農作業の簡易化、さらにはノウハウのデータ化を通した伝統技術の保存と継承、そして生産情報のデータ化と消費者への提供による透明化の実現など、非常に幅広い活躍の仕組みが考えられています。

もちろん今はまだ導入段階ですべてを実現させられていないのが現実ですが、実現に向けて農林水産省は2013年に第1回「スマート農業の実現に向けた研究会」を開催することで、IT関連や電気機械類そして農家といった関連分野の委員の情報交換と協議を進めています。

国内の問題だけでなく国際的にはTPP協定の審議が少しずつ進み農作物の関税撤廃・削減という日本の農業への大きな転換期が近づいていることもあり、これまでの農業形態では対応しきれないと予想される課題をスマートアグリの導入によってクリアしていかなければなりません。

IT技術の高さをも誇る日本の力を結集し、国際的な競争に生き残っていけるような仕組みづくりが求められているといえるでしょう。