スマートアグリで次世代の農業(植物工場)を考える | ライターお仕事「ライティングマーケット」
スマートアグリで次世代の農業(植物工場)を考える

スマートアグリで次世代の農業(植物工場)を考える


農業などの生産は、人手が多く必要となりその文費用もかかるものになります。これは人手と費用を工面することができれば、大規模な農業を行うことや植物工場を作ることもできます。しかし、日本では農業を行う人も少なくなってきており、次世代の農家の担い手が足りない状況であり、人手を工面することが難しいものになります。そのため、次の世代がいないため農家をやめなければいけないところもあり、日本の食料自給率は減少していきます。

また水やりや肥料の追肥など、手作業で行う作業も多くあり、人手が足りていたとしてもその労力は大きなものが必要になります。人手が少なければその分行うことが増えるため、体への影響も大きなものになり、体を壊してしまっては作業を行うこともできません。

このように農業とは人手による作業が中心となっており、長い年月を要して得た経験が大切になってきます。そのため労力が占める割合は大きなものになりますが、反対に省力化することができるものがスマートアグリになります。 スマートアグリとは、ロボットやIT技術を利用することで省力化を図り、センシング技術を使うことで長い年月をかけて得る経験やノウハウなどが無くても、農作業を効率的に行うことができるようにすることを目的としています。

植物工場は、植物の生産などを効率よく行うための施設になりますが、きちんとした管理を行うには人手は必要なものになります。植物工場内で使用されている栽培用光源や空調機器、水処理装置など人手で一つ一つ動かすこともできますが、スマートアグリを利用したIT技術で一括管理することもできます。スマートアグリを使えば、これらを常に最適に保つことができるなど、労力を減らすことに役立ちます。

しかし、このようにメリットもあればデメリットもあり、それは機械の故障時に当てはまります。IT技術などを利用することにより、経験やノウハウがない人手も農業を行うことができますが、その弊害が自ら作業をしなければいけなくなったときになります。機械に任せてばかりいることで、IT技術を用いることには長けていても実際に自分の体を利用して作業をすることには慣れていません。そのため、機械が壊れてしまえば何もできなくなってしまったり、作業を行っても適切にできないこともあり得ます。

そのように、メリットだけを見るのではなくデメリットも見ることで、いざというときにどのように対応しなければいけないのかを考えることも必要になります。