不動産バブル崩壊 不動産が下落しているエリア | ライターお仕事「ライティングマーケット」
不動産バブル崩壊 不動産が下落しているエリア

不動産バブル崩壊 不動産が下落しているエリア


不動産が下落しているエリアとは、土地や建造物の価値が減少傾向にある地域のことです。

この地域では土地や建造物価格が不安定になる傾向があり、税収や経済面で社会的不安要因になる事が懸念されています。

取得時に得られる利益よりも損失の方が大きい性質から、この傾向のある地域の土地や建造物の事を負動産などと揶揄することもあります。 価格の変化や状況は専門業者や路線価などの情報から知る事が出来ます。

土地や建造物の価格が下落する地域の特徴としては人口減少や経済面の影響、供給面での問題等の要因があり、これらの要因が多いほど下落する可能性が高くなります。

人口減少の要因としては、少子化や人口流出による人口減少が不動産の需要に影響を与えている事が原因としてあります。

この要因は、出生率が低く都市部への人口流出などの問題を抱えている地方都市などの地域で多く現れることが多いです。

特に生活環境の需要が大きく減少するので、住宅関係の不動産の価格の下落に強く影響を与える傾向があり、家主が亡くなったり管理が困難になった家屋が空き家として放置される事による景観の悪化や価値の減少等が懸念されています。

経済面の影響としては、経済政策上の影響や経済衰退などが影響しています。 具体的な例としては経済政策の行き詰まりや失敗、郊外型大型店舗の進出による商店街や地場産業の衰退による不動産需要の減少などがあります。

リゾート開発の影響としては過去のバブル経済期に行政や企業が多数建設したリゾート施設などが放棄される問題などがあり、長期間利用されずに放置されているリゾート施設が不動産価格を減少させる要因になっています。

供給面での問題等としては、需要と供給上の不均衡問題があります。 例としては特定の地域にだけ人口が集中する一極集中地域に対する供給過剰などがあります。

国内の人口減少傾向が顕著になっているにも関わらず需要と供給の関係が軽視されているのは、ゼロ金利政策の影響やオリンピック関連の特需等が影響していると考えられています。

特に他地域からの人口流入が大きい大都市部などで多く現れている現象で、無計画な供給過剰が不動産価格の現象を誘発することが懸念されています。

現在は地方都市部で下落の傾向が強いですが、要因があるエリアは常に一定でなく社会や経済の動向に応じて変化していくので、社会構造の変化や人口減少の進展により大都市部などでも同様の傾向が出る可能性があると考えられています。