3つの美しい原っぱのある村を合併したことが由来「堺市美原区」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
3つの美しい原っぱのある村を合併したことが由来「堺市美原区」

3つの美しい原っぱのある村を合併したことが由来「堺市美原区」


このエリアについて
大阪府堺市美原区は、堺市の中でも内陸に位置する地形です。

美原地区はもともと3つの美しい原っぱのある村を合併したため三原としましたが、やがて美原と呼ばれるようになったのです。

面積は13.20km²、総人口は39,085人、人口密度は2,960人/km²になっています。

人口密度が低く、とても暮しやすい地域であることが良いところと言えます。

その割りには自動車を利用すれば大阪市の中心部まで1時間以内に行くことが出来ることから、利便性も高いと言えるでしょう。

ただし、美原区には鉄道が全く走っていない点は悪いところでしょう。

その代わりにバスが走っていますが、鉄道に比べると1回の輸送量もそれほど対したことはありませんし、時間通りに着かないのが普通になります。

そういう点からも、公共の交通機関は不便であるのです。

実際に美原区の住人に対してアンケートを行い不便な所はどこかと聞いて見たところ、「鉄道の駅がないこと」という区長にとっては頭の痛い回答が出ました。

現在の所、鉄道を通す予定はないですので、住民の要望は未だかなえられずというところになります。

通勤をする場合には隣の区まで行かなければならず、大阪市へ出る場合はどうしても時間がかかってしまうのです。

美原区の西部は平地になっているところが多く、人口が多く集中していますが、東部は多くが丘陵地帯になっていることから、人口は少ないのが特徴です。

よく言えば東の方は手つかずの自然が残されていることで魅力的とも言えます。

では、実際の数字に基づいて判断するとどうなるでしょうか。

まず、治安です。

美原区の犯罪発生率は1.4パーセントほどになります。

これは、大阪府の中では平均よりも低い方ですが、全国平均と比較すると高くなります。

次に待機児童率は3.5パーセントほどの数字が出ています。

全国平均は0.8パーセントぐらいですので、それに比べても高いことが分かります。

単純に保育所の数がまだ少ないことがその理由に挙げられるでしょう。

ちなみに公立の保育所は区内に3箇所あります。

空き家率については、意外に低いのが特徴です。

なぜ空き家率が低いのか謎がありますが、もともと投資家が投資をしておらず、不動産会社もマンションなどを建てることに積極的ではない可能性があります。

空き家率が低いことは良いことですので、特に悲観をする必要はありません。

夜は東の方は外灯が少ないので、つけてほしいという要望が強いです。