JRと阪急の2路線と新快速も発着する便利な「高槻市」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
JRと阪急の2路線と新快速も発着する便利な「高槻市」

JRと阪急の2路線と新快速も発着する便利な「高槻市」


このエリアについて
高槻市は大阪府にある市の一つで三島地域に位置しています。

府内に四つある中核市(高槻市、東大阪市、豊中市、枚方市)の一つであり、府内では大阪市や堺市といった政令指定都市の次に大きな自治体です。

面積は105.29平方キロメートルで、総人口は2016年8月1日段階での推計では350,987人となっています。

また人口密度は1平方キロメートルあたり3,330人です。

大阪府内の自治体のうち、枚方市、茨木市、寝屋川市、摂津市、三島郡島本町と隣接しています。

また市の外周の一部が京都府との県境にもなっているため、京都府の亀岡市、京都市とも隣り合っています。

市の木はケヤキで、市の花はウノハナです。

このような地域特性を持つ高槻市の良いところや悪いところについて、ここでは紹介していきましょう。

まず良いところとしては、立地が挙げられます。

政令指定都市である大阪市と京都市のちょうど中間に位置するので、住民の方々は大都市に出やすいという大きなメリットを持っています。

特にこちらの高槻市は鉄道網が発達していることでも有名です。

西日本旅客鉄道のJR京都線、阪急電鉄の阪急京都本線が走っており、前者では高槻駅が、後者では阪急高槻市駅が主要な駅となっています。

特にJR高槻駅では新快速が発着する駅となっているため、京都駅・大阪駅共に所要時間15分程度で着くことができます。

このような面から、非常に通勤通学には利便性の高い都市であると言えるでしょう。

また市の中心部であるJR高槻駅周辺から阪急高槻市駅周辺には、西武百貨店や松坂屋といった大型百貨店があり、またショッピングセンターや映画館などを備えた商業施設もあります。

また高槻センター街や芥川商店街など、様々な商店街があるので日用品の買い出しなどで困ることがないのも、高槻市の良いところと言えるでしょう。

産業に占める割合としては第三次産業が多いのが特徴です。

一方で高槻市の悪いところですが、安心度が低いという点が挙げられます。

三菱UFJ不動産販売の住みよさランキングによると、この分野において大阪府内の自治体の中では31位と低いのが欠点となっています。

また民力度ランキングでも25位とあまり高くありません。

これは大阪市や京都市などの北摂地域のベッドタウンという特性が大きく絡んでいると言えるでしょう。

つまり高槻市は産業を行う街ではなく、暮らしをするための街という位置付けになっているのです。