「住みやすさランキング」の上位の常連「豊中市」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
「住みやすさランキング」の上位の常連「豊中市」

「住みやすさランキング」の上位の常連「豊中市」


このエリアについて
近年では大阪府内の不動産投資が注目を集めています。

特に豊中市のような中核都市は、他地域との良い意味での相違点が多いことから非常に人気を博しているのです。

ではどのような地域特性があるのでしょうか。

まずはそこから紹介していきましょう。

豊中市の面積は36.39平方キロメートルで、隣接する自治体には大阪市や吹田市、池田市、箕面市などがあります。

また兵庫県とも隣接しており、尼崎市や伊丹市とも市境を形成しています。

総人口は2016年8月1日段階で推定394,778人で、人口密度は1平方キロメートルあたり10,850人となっています。

次に鉄道路線について紹介しましょう。

市内には阪急電鉄の宝塚線・神戸線・箕面線、また北大阪急行電鉄の南北線・大阪高速鉄道が走っており、市内で住んでいらっしゃる方や働いていらっしゃる方の足になっています。

中心となっているのは阪急電鉄の豊中駅および北大阪急行電鉄・大阪高速鉄道(大阪モノレール)の千里中央駅です。

大阪モノレールは大阪大学豊中キャンパスの最寄りとなる柴原駅があります。

さて、そんな豊中市の不動産投資におけるメリットやデメリットについて紹介しましょう。

全体的に見てこちらの自治体の不動産に投資することについては、メリットの方が現在では大きいと言えるのが実態です。

まず交通の便が良く、日本全国の主要都市へのアクセスが容易であるという点から、注目を集めているというのが一つ目の理由です。

飛行機関連では大阪空港がある上に、大阪モノレール蛍池駅で阪急宝塚線との接続によって、非常に手軽に大阪国際空港へも簡単に行くことができます。

また東海道山陽新幹線の新大阪駅までのアクセスが良いのも特徴です。

この利便性は三菱UFJ不動産販売が全国各地の住み良さをランキングしているデータで、大阪府内で2位を獲得している点からも証明されています。

現在では郊外都市の地価が下落している反面、このような中核都市の人気は非常に高まっているので、現在は投資にちょうど良い時期だと言えるでしょう。

実際、近年の国勢調査からは人口が0.70%増加していることからも、豊中市の経済が円滑に回っているということがわかります。

一方のデメリットですが、消費や産業に若干の陰りが見えているという点です。

先ほどの三菱UFJ不動産販売のランキングでは大阪府内15位とそれほど高くはありません。

すぐに地価の下落が見られるというわけではありませんが、動向には着目しておく必要があります。