アサヒビール創業の地 観光スポットも沢山「吹田市」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
アサヒビール創業の地 観光スポットも沢山「吹田市」

アサヒビール創業の地 観光スポットも沢山「吹田市」


このエリアについて
吹田市は大阪府にある自治体(市)の一つであり、三島地域に位置する特例市です。

面積は36.09平方キロメートルで、総人口は2016年8月1日段階で377,783人となっています。

また人口密度は1平方キロメートルあたり10,470人です。

隣接する自治体は茨木市、箕面市、豊中市、大阪市、摂津市があります。

吹田市の木はクスノキ、市の花はサツキに指定されています。

1970年(昭和45年)に日本万国博覧会(大阪万博)が開催された地でもあり、モニュメントの太陽の塔が現存している万博記念公園は、現在でも吹田市の主要な観光スポットとなっています。

またアサヒビール創業の地としても知られており、現在でも工場があります。

このような地域特性を持つ吹田市ですが、ここでは良いところと悪いところについて紹介しましょう。

まずは鉄道網が発展しているということについては良い面です。

西日本旅客鉄道東海道本線、阪急電鉄千里線、大阪市営地下鉄御堂筋線、北大阪急行電鉄南北線、大阪高速鉄道大阪モノレール線、大阪高速鉄道国際文化都市線(彩都線)が市内を走っているので、住民の足としては十分と言えるでしょう。

特に中心となる駅はJR吹田駅と、地下鉄・北大阪急行江坂駅となっています。

また高速道路も名神高速道路、中国自動車道、近畿自動車道には吹田ジャンクションがあり、名神高速道路と中国自動車道にはインターチェンジもあります。

さらに隣接する豊中市には大阪国際空港が存在します。

このように大阪市や京都市などの大都市に容易にでることができるだけでなく、全国各地の主要都市へのアクセスも楽に行うことができるというメリットを、吹田市の住民は有しているということが言えます。

さらに住民全体の富裕度が高いという点も、吹田市の良いところです。

三菱UFJ不動産販売の住みよさランキングでは富裕度、快適度、利便度の分野において、大阪府内で2位というランキングになっています。

さらにこちらのランキングでは財政度健全度ランキングでは大阪府内1位、全国でも28位ととても高い評価を受けています。

このような様々な分野から総合した結果、住みよさランキングでは大阪府内3位となっています。

一方で悪いところですが、住居の水準があまり充実していないということが言えます。

これは千里ニュータウンの老朽化による部分が大きいとされています。

近年では再開発や建て直しが行われていますが、物件を検索する上では注意が必要です。