ニュータウンに進化を遂げた便利な街「河内長野市」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
ニュータウンに進化を遂げた便利な街「河内長野市」

ニュータウンに進化を遂げた便利な街「河内長野市」


このエリアについて
河内長野市は大阪では珍しいほど緑が多い地域です。

以前は人口が非常に少ない田舎として認識されることが多かったです。

しかし今では、ニュータウンが多く生まれています。

たとえば河内長野市の中でも人口が特に多い南花台は、スーパーマーケットや病院、学校など一通りの施設が揃っており、生活に困ることは少ないです。

緑が多く残る地域で、不便なく暮らせることはこの地域の良いところといえるでしょう。

自然と馴染みが深いことは生活の端々でうかがうことができます。

たとえば小学校の校歌の歌詞に、タヌキやウサギといった動物が出てくることも多いです。

ニュータウンに住んでいても、視線を上げると多くの山々を望めます。

河内長野市の面積の7割近くが森や林で占められており、自然が身近にあることが大きな特徴です。

大阪の都心部に住んでいる人々は紅葉を見に来たり、サイクリングを楽しみに来たりします。

自転車のスポーツセンターがあり、休日には多くの家族連れで賑わいます。

登山やフィッシングを楽しむ人も多く、自然を満喫して生活したい人にとっては非常に魅力のある地域といえるでしょう。

しかし一方で都心部に行こうとすると、交通の便が良いとはいえません。

たとえば南花台からは最寄り駅の三日市まで行こうとすると、バスを使う必要があります。

山を切り開いてできたニュータウンは非常に坂が多く、徒歩で最寄り駅まで行くのは簡単ではありません。

特に高齢者にとっては非常に困難です。

このように交通の便が悪いことが、この地域の悪いところといえます。

そのため若者が都心部に移り住む傾向があり、人口の減少が問題になりつつあります。

南海電鉄と近畿日本鉄道の河内長野市駅は同じ構内にあり、2分ほどで移動することが可能です。

朝は学生やサラリーマンで非常に混雑します。

南海電鉄は難波に通じており、近畿日本鉄道は阿倍野に通じています。

このように河内長野市駅からは交通の便は悪くありません。

しかし各ニュータウンから河内長野市駅に行くまでが簡単では無いのです。

そのため自動車を保有していない世帯は暮らしにくいと感じやすいです。

ニュータウンには娯楽施設はあまり多くありませんが、河内長野市の駅の周辺にはカラオケ店などが見られます。

駅ビルには多くのショップが入っており、仕事や学校の帰りに立ち寄る若者は少なくありません。

周囲には商店街もあり、高齢者が買い物をすることも多いです。

ただし商店街は寂れ気味であり、駅から離れると建物が減っていきます。