バリアフリーに積極的に取り組む街「阿倍野区」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
バリアフリーに積極的に取り組む街「阿倍野区」

バリアフリーに積極的に取り組む街「阿倍野区」


このエリアについて
大阪の阿倍野区は、関西で最大級のオフィス街として知られています。どうしてそのようなオフィス街になったのかは、歴史を振り返るとすぐに分かります。大阪の阿倍野区は非常に歴史の豊かな地域なのです。この地域は明治時代はまだ農村でした。しかし時代とともに、交通機関が著しく充実していきました。その影響もあり大正時代に入ると、大阪でも一二を争うほどの商業都市に発展したのです。それに合わせて交通はますます便利になり、学業を行うための施設も多く設立されました。
昭和に入ると、その勢いはますます加速します。今では他府県の人でも知っている御堂筋が出来上がったことにより、梅田や難波への往来が非常に多くなったのです。そのまま阿部区は発展し続け、多くの中学や専門学校が今でも存在しています。さらにさまざまな商業施設が次々と建てられるようになりました。
このようにビジネスの面において非常に栄えている都市ですが、住みやすいように配慮されているのも良いところです。たとえば阿倍野区は高齢化が進んでいることを真剣に捉え、地区全体の課題としての取り組んでいます。具体的には、老人向けの施設を建てるための事業を支援しています。また障害者に対しても、住みやすいと感じてもらえるように取り組んでいます。建物と道路の段差をなくしたり、車いすでも利用できるトイレを増やしたりするなど、バリアフリー化にも力を入れているのです。
ただし阿倍野区全体を見ると、必ずしもまだ住みやすくなっているとは言い切れません。阿倍野区の西部は西成区と接しています。そのため治安に関しては水準を下回っているとの見方をする人も多いです。実態はそれほど悪いわけではありませんが、いざ行ったり住んだりすることになると、不安を感じる人もいるでしょうそれが阿倍野区の悪いところと言えます。
ただし、全ての地域の治安が悪いわけでは決してありません。たとえば阿倍野区の中央の地域は非常に治安が良いと認識されています。大阪というと自動車の盗難が多い印象を持っている人もいるのではないでしょうか。しかしこの地域では、発生件数は多くありません。その他の事件に関しても、大阪の中では少ないといえます。大きな警察署があることが抑止力になっていると考えられます。中央だけなく南部や東部も比較的治安は良いです。住民が定期的に見回りをしている地域もあるので、心配な場合はそのような地域に住むと良いでしょう。