パナソニックの本社で有名 住環境も良好な「門真市」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
パナソニックの本社で有名 住環境も良好な「門真市」

パナソニックの本社で有名 住環境も良好な「門真市」


このエリアについて
門真市は古くから大阪のベッドタウンとして栄えており、近年は日本全体の人口減に伴い若干の人口減が見られるものの非常に住みやすい街として多くの大阪や京都などに通勤する人が住んでいる街として知られています。

その為古くから生活環境が非常に良い街として栄えており、住む上では環境が適している地域として人気が有ります。

交通の中心となる駅も非常に充実しており、朝夕の区間準急も運行されています。

これは門真市に本社を持つ大手家電メーカーに通勤する従業員が多い影響も有りますが、市から大阪方面に通勤する人にとってもメリットが大きく、非常に交通の便が良い地域でもあります。

門真市の面積は12.28 km²であり現代の自治体としては比較的小さな面積数となっています。

近年は隣接する守口市との合併も計画されましたが、双方の住民の賛同が得られず、合併が中止となった経緯があります。

しかし多くの企業が本社を置いている地域性や、併せて大阪や京都方面への通勤のしやすさなども有り、非常に住みやすく経済も発展している地域となっているのが大きな特長と言えます。

地域特性としてはベッドタウンとしての生活のし易さと大手企業の本社が多い中核都市としての都市機能を併せ持つ点が他地域とは大きく異なる特性として挙げられます。

通常の都市の場合にはそのどちらかの性格しか持ち合わせていないことが多いため、昼夜の人口が大きく変動することが多いのですが、この地域では入れ替わりによるメリットが大きく昼夜の人口があまり変動しない点も大きなポイントです。

これは他の地域の特性との大きな相違点ともなっています。

不動産投資に於いてはベッドタウンとしての性格と中核都市としての性格を併せ持っているため、その投資価値が非常に高いのが特長です。

その為、投資目的の不動産が多数建設されている点が大きなポイントです。

但し、近年ではこの地域に本社を置く企業の多くが不景気のため経営を縮小したり、事業を撤退するという問題も発生しています。

その為、中核都市としての機能が年々低下しており、地価も徐々に下落の傾向が見え始めています。

その為将来的には中核都市としての部分よりもベッドタウンとしての性格が強くなると考えられ、高級賃貸等の投資についてはデメリットも見え始めています。

門真市に於いて不動産投資を行う場合には、この様な状況を鑑み、高額な収益物件の状況には十分注意をすることが重要です。