京セラドームと、繁華街が多い街「大阪市西区」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
京セラドームと、繁華街が多い街「大阪市西区」

京セラドームと、繁華街が多い街「大阪市西区」


このエリアについて
大阪市西区は面積5.21km²、総人口95,400人で、そのふたつの数から割り出される人口密度が18,310人/km²になります。この地域は内陸部になりますので、海とは面していませんが、江戸時代には多くの川が作られました。これにより、荷物を船で運搬することが可能になるため、商業地が発達したのです。現在でもその姿を見ることができますが、残念ながらお堀はすでに埋められてしまいました。商業地だけが残っている形になります。商業地以外にはオフィス街があります。平日昼間は多くの人に賑わっているのも西区の良いところと言えます。
西区と言えば、京セラドームがあります。京セラドームまで行くのに、複数の駅がありますが、土日になると混雑するのが特徴です。
西区は、人口密度が高いです。大阪府内でもトップレベルですし、大阪市内でも平均よりは高い人口密度になっています。人口密度が高い理由はいくつかありますが、その一つは便利な地域だからです。大阪の中でも中心地に近いところから、鉄道や自動車を利用する場合でも利便性が高いのです。やはり会社勤めをしている人からすれば、中心地に近いことは大きなメリットであり、魅力でもあるのです。通勤時間も片道20分ぐらいで行くことも珍しくありません。例えば、1間まで1時間半で行っていたとしましょう。それに比べると1時間も短縮することが可能です。合計で一日2時間の時間短縮ができ、5日間で10時間の時間短縮をすることが可能になります。これを1ヶ月続けると丸一日ほど安くなることが分かるでしょう。
では、西区に悪いところはどのようなところでしょうか。まず、空き家率が高いことです。空き家率が高いと言うことは、不動産投資をする場合、不利になります。不動産投資で避けなければならないのは、空室ができてしまうことです。空室ができてしまえば、収入がなくなります。このように考えると空室ができやすいことは悪いことでしょう。
もう一つは、犯罪発生率が高いことです。西区は元々人口密度が高いので、犯罪発生率が高いのです。もう一つは、繁華街が多いことです。繁華街ではお酒が入ることが多く、傷害などの事件が発生しやすいのです。酒の力を借りて暴れる人も困りますね。救いようがあるのは、酒の場合は大きな犯罪には直接つながりにくいです。最後に、外国人が多いことも犯罪につながります。西区は、外国人の住人がおよそ3パーセントもいるため、それも治安と関係しています。