全体的に所得が高いのが特徴な街「堺市西区」 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
全体的に所得が高いのが特徴な街「堺市西区」

全体的に所得が高いのが特徴な街「堺市西区」


このエリアについて
堺市西区は、堺市の中でも西側に位置しており、海に面しているのが特徴です。西区の面積は28.62km²、総人口は135,904人、そこから割り出される人口密度は4,750人/km²になります。
この地域は、川が多いのが特徴になります。東側の丘陵地帯から川が流れてきており、西区を通って海に水が注がれています。西区辺りは、川が運んできた土砂などが集まっており、所々高台のような場所も存在するのが特徴です。ただ、周辺は、至って高低差が少ないため、住みやすいのが良いところということができるでしょう。
この地域は、古くから街道がありました。海岸線に沿って紀州街道だけでなく、小栗街道も走り、江戸時代には交通が盛んだったことがわかります。現在もこの周辺が発展しているのは街道があったおかげと言っても過言ではありません。紀州街道は、そのまま南へ向かっていくと御三家で有名な和歌山城があります。
では、この周辺の利便性についてはどうでしょうか。区内には複数の鉄道の駅があります。JR西日本の阪和線は上野芝駅、津久野駅、鳳駅です。南海電気鉄道は、南海本線の石津川駅、諏訪ノ森駅、浜寺公園駅です。阪堺電気軌道阪堺線は、石津北停留場、石津停留場、船尾停留場、浜寺駅前停留場があります。
他に良いところがあるとすれば、所得が高いことです。西区に限りませんが、堺市は全体的に所得が高いのが特徴になります。平均的な所得が330万円近くで大阪の平均が290万円後半であることを考えると、およそ30万円近くの所得の差があることがわかるでしょう。夫婦合計をすると600万円以上の所得があることがわかります。所得が高いことで、治安が安定しやすくなります。繁華街などを除けば、治安の悪いところは所得が低いところになります。所得の低いところは犯罪が増え、高級住宅外等は犯罪が少ない特徴があることを考えればわかるでしょう。
子育てについてはどうでしょうか。堺市西区は、病院などが複数ありますので、子供がいざ熱を出した時でも安心です。また、学校が多いのも特徴になります。小学校に関してはどこに住んでいても、歩いてそれほど時間のかからない距離にあるのです。また、小学校から大学まで存在するため、文教地区とは言えませんが、文教地区に近いような環境が整っていると言っても過言ではないでしょう。
このように良いところがたくさんある堺市西区ですが、その半面悪いところもあります。1つは、待機児童の数です。治安が良いことから人口が増えている西区ですが、子供がいる世帯が増えることによって待機児童の数も増えていくのです。