大規模太陽光発電の費用対効果について | ライターお仕事「ライティングマーケット」
大規模太陽光発電の費用対効果について

大規模太陽光発電の費用対効果について


太陽光発電へのファンドへの投資はかなり有望ということがいえそうです。投資ですから絶対というものはありませんが、太陽光発電が将来的に有望視されているということは間違いのないことだからです。

原発の事故もあり、再生エネルギーへの注目度というのは大きなものとなってきていますが、その中でも太陽光発電は筆頭というかとびぬけてきた存在となってきました。何といっても安全性に優れているというのが大きな魅力です。そして、静音性でも優れているので、どこにでも設置することが出来るという大きな利点があります。他の発電方法では大きな音がすること、安全性ということを考えて、なかなか民間の人が多く住む住宅地での発電は出来ないのですが、太陽光発電だけは民家の屋根などでも発電できる方法となっています。ということは、全ての家の屋根に太陽光発電装置を設置出来れば大きな発電力となることは確実で、必要とされる発電力の相当量を賄えることともなる計算です。

とはいえ、まだまだ課題がないというわけではありません。何しろ太陽光で発電をするので、日照時間に大きく左右されるということになり、安定した電力供給が出来ないという課題があります。そのため、いかに昼間に発電した電力を蓄えておくのかという充電の能力がカギということになるのですが、この充電の能力がまだまだ十分ではないということになっています。そして、充電した電気を効率よく使用するという技術も開発することが必要となります。

日本は土地が狭いので太陽光は世界的な競争に負けるのではないかという不安があることもあります。ただ、海ということを考えると海でも当然太陽光は発電出来るわけで、この広大な海で太陽光、風力、波力などの複合発電プラントを造ることが出来れば、世界的にも大きな競争力を持つことにもなります。そして、将来的には太陽光は宇宙で採取して、そのエネルギーを地球に送るというようなことも考えられています。こうすると天候に左右されずに膨大なエネルギーを採取することが出来るので、あながち不可能なことではなさそうです。実はかなり現実的なものといえるのかもしれません。そのため、太陽光というのはかなり将来有望な発電方法ということがいえるでしょう。再生エネルギーの課題である電力の安定供給ということも可能とするかもしれない発電方法ということです。投資をするにはいい素材ということがいえるかもしれません。

日本では東日本大震災以後に太陽光発電が注目をされて、続々と関連施設が建設されていった経緯があります。全国の各地にはメガソーラーが建設されたり、一戸建ての屋根にはソーラーパネルが設置されたりしました。その結果として、急激に太陽光発電による電力量が増えていくことになります。

しかし、各地にメガソーラーが短期間で増えたために、一部の電力会社では新規の電力参入会社を制限するような動きが出ました。そうした動きがあったことで、太陽光発電事業に参入する企業は一時に比べて鈍化傾向が生まれています。また、自然エネルギーによる電力の買取価格が下落していることも、新規参入に慎重になる企業が多くなる原因となっています。

その結果として、国内の太陽光発電事業の今後の見通しとしては従来ほどの急拡大は見込めない状況が出てきています。しかし、業界のパイとしては緩やかに拡大していくこと可能性が高くなっています。業界のパイが拡大していく理由としては、まず太陽光パネルの変換効率が高まっていくことが挙げられます。太陽光パネルの変換効率が高まると、同じ敷地内で従来よりも多い電力を発電できるようになります。そのため、メガソーラー事業の収益性が高まることが期待できます。

今後においても電力の売電料金は下がっていくことが予想されますが、発電効率が高まることで十分にカバーすることが可能になっていくと考えます。次に業界のパイが拡大していく理由として、スマートグリットの活用が進むことが挙げられます。太陽光による発電電力は天気に大きく左右されるために、電力の安定供給ができないデメリットが生まれていました。

しかし、スマートグリットによって効率的に電力を供給できれば、太陽光のデメリットが解消することに繋がります。その結果、太陽光発電の規模が大きくなっても、すべての電力を電力会社に買い取ってもらうことが可能となってきます。

また、最近の電力自由化によって、自社で電力供給を行うところも出てくることが予想されます。自社で電力供給ができるようになれば、安心してメガソーラーを増やせる環境が出てきます。さらに将来的には海外の国で太陽光によって発電した安価な電力を日本に送電する計画も持ち上がっています。

モンゴルなどの広大な土地にメガソーラーを作ることで、日本で消費する電力の大部分を賄うことは技術的には可能と言われています。そのため、将来的には電子力発電に頼らない生活ができる時代が来る期待が高まっています。

太陽光発電は再生エネルギー活用の分野ではだれにも導入しやすいカテゴリーに分類されます。

このためセールス プロモーションも顧客層も幅広く、活発に行われ新聞広告 雑誌の広告欄などで目にする機会が多いです。

費用対効果を検証する場合 まず設置場所により(日本列島の中でも)大きく違ってきます。

太陽光が年間を通して 当たりやすい場所か 否かにより発電量が異なるというわけです。

日照時間が長い県として有名な県をいくつか上げ てみますと、山梨県、高知県、群馬県、宮崎県、静岡県、愛知県、埼玉県などがあげられます。

夏と冬では当然発電 量が異なります。また比較的春先の発電量が多いとされていますので年間一定ではないということです。

また日照 時間は梅雨時など大幅に減少します。

そこで重要なのは経費をなるべくかけずに設置できるかという点です。

最近20年、30年設置する場所を借りて太陽光発電をおこない不労所得として収入が得られますよ。

との謳い文句での 募集広告を目にします。まず広大な土地を借りて行う事業ではないということを頭に叩き込んでください。

と言いま すのも 太陽光発電で大儲けをすることは難しいからです。

赤字にならなければ良い程度に構えて事業を始める人 には良いかもしれません。

また自宅屋根に設置し電気料金を賄えれば良い程度に思える人にも良いかもしれません。

発電量は前述した地域、状況などによって異なる点、パワコンと言われる直流電流を交流に変換する機械の老朽化を はじめ20年、30年間の発電のためにランニングコストがかかる点を考えますと 費用対効果は薄利となるからです。

例えば マンションオーナーの方が太陽光パネルを設置前提で建築計画を立てればおおよそ一戸分の収入が得られ ます。

しかし太陽光パネルを設置するには躯体の強度計算も変わります。

すなわち屋上に太陽光パネルとそれを 支える設置台という重量級の設備を設置すれば支えるために建築費が高くなります。

太陽光発電が薄利でかつ建築 費が上がれば最終利益がどの程度出るか 十分考えねばなりません。

また後付けすれば大した補強対策はとれません ので建物の強度が脆弱化してしまいます。

設置業者はこのようなマイナス部分を説明せず、プラス部分だけを示して 設置を促します。

しかしオーナーの方は入居者に安全安心な住居を提供する立場ですので もし強度不足を疑われ れば本末転倒な結果となります。

特に耐震強度の低下については注意が必要です。

個人住宅と異なり一見収入が多く 見えますが これらのリスクを抱え設置するか否かを十分検討する必要があります。

太陽光発電への投資が少し前から注目されるようになっています。

太陽光発電の投資は実際に稼げるのかといえば、他の羽投資物件と比べると比較的稼ぎやすいという意見が多いようです。

他の物と比べると稼げる可能性が高いという点に注目した日本の企業の多くがすでに太陽光発電への参入をしていますし、海外でも多くの企業が参入しています。

とはいえ太陽光発電に限らず投資にはかならずある程度のリスクがつきものなので、絶対稼げるというものではないという点に注意が必要です。

太陽光発電が稼げる理由として挙げられるポイントとしては、まず日本限定の理由としては原子力発電の事故などの経験からクリーンな再生可能なエネルギーが求められており、現状地方においてはいまだに電力サービスが行き届いていないという問題があり、太陽光が参入できる余白が多く存在すします。

そして太陽光は電力会社との固定契約が結べるため、電力を生産し続ければそれだけ安定した利回りで運用できるという利点があります。

また太陽光による発電は税制などの面で優遇を受ける事が多いという点も見逃せません。

そしてこうした需要が高まる中で太陽光自体の技術面も大きな工場が見られてきているため、生産力が年々上がっているというのもメリットと言えるでしょう。

もちろん投資なのでリスクもいくつか存在します。

太陽光による発電のもっとも大きなリスクとして挙げられるものに自然災害があります。

地震や落雷があればその影響で発電施設が破損してしまう事は十分あり得るので、この自然災害のリスク対策のために保険に加入しておくことが重要です。

分譲型の太陽光に関しては動産に対する保険がもともとセットで付いている事がありますが、大抵の場合火災と台風は補償範囲になっていても地震や水害に関してはカバーしていないものがほとんどなので、これらに関しては別の保険を利用することにしましょう。

これ以外のリスクとしては、ソーラーパネル自体の故障が挙げられます。

基本的にパネルの寿命は長く設置後10年は一定の発電量が見込めるので十分リターンは見込めますし、10年経った後も別に壊れやすくなるというわけでなく、発電量が保証できなくなるというだけなので、災害時の故障のように突然電力が生産できなくなるわけではありません。

他にもリスクはありますが、リスクを踏まえた上でも他の物件と比べればリターンが多くなる可能性が高い物件なのが太陽光なのです。

この記事のライター