風力発電と太陽光発電の比較 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電と太陽光発電の比較

風力発電と太陽光発電の比較


近年、震災の影響もあって電力の供給方法について話題が絶えません。
現在では、環境に配慮した発電方法が主流となりつつあります。

特に、風力発電と太陽光発電はクリーンな電力供給方法として注目を集めています。
そこで、風力発電と太陽光発電を比較します。

風力発電は、文字通り風の力を使って発電する設備や発電方法のことを指します。
風の力でプロペラを回転させ、その回転力で発電します。

ですから、設置できる場所は通年に渡って強い風が吹いている所が最適です。
間としては、小型装置で2m四方程度のスペースが必要となります。

大きいものでは、それ以上の余裕を持った敷地等が必要です。
また、プロペラの回転に伴って音が発生します。

プロペラは風さえ吹けば、昼夜関係なく回転しますので、住宅地での設置は不向きとなります。
設備コストは、1kWあたり約157万円。3.5kWでは約550万円が必要となります。

機械設備のメンテナンスが18か月に1回あります。一般には、太陽光より高い場合がほとんどです。
発電量は、平均風速6m/sで約7780kW程度となっています。

次に太陽光発電について。

太陽光の熱エネルギーを電気に変換する発電方法です。
太陽光がさんさんと降り注ぐような場所が適しています。

近年では、屋根の上だけでなく、広い空き地にも設置が進んでいます。
必要な空間は、太陽光パネルを置くだけのスペースがあれば良いです。
範囲の狭い屋根では、複数の形状のパネルを組み合わせることでスペースの有効活用ができます。
発電に際して、音の発生がありません。

太陽光のある日中が主な発電時間となります。したがって、夜間はほぼ発電していません。
設備コストは、1kWあたり約55万円。3.5kWでは約192.5万円。

普及に伴って、本体価格・設置費共に下がってきています。
定期的なメンテナンスが必要です。

特に、コンディショナーと呼ばれる機械は消耗品として、10年程度で交換の必要があります。
発電量は3.5kWパネルの場合、稼働時間を約3時間・発電ロスを30%とすると、3500W×3時間×70%=7350W。
一年では、2683kW/年になります。

以上が主な比較です。

発電の目的によってどちらにメリットがあるかは変化します。
風力発電は、洋上風力発電といった変わった発電方法もあります。
現在では、病院の屋上等での設置を試みる実験が進んでおり、実用に向けて試行錯誤が行われています。