風力発電の仕組みについて | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電の仕組みについて

風力発電の仕組みについて


環境問題が深刻化している現在、風力発電による発電技術が注目されています。

風力を用いた発電の仕組みは、風のエネルギーを利用することで電気エネルギーを生み出すというものです。
風の強さや向きをはかり、羽根の角度・風車の向きを自動的に調整することで、効率的に発電することが可能なのです。

まず、 発電機の上部にはブレードと飛ばれる羽が付いています。
この部分に風が当たるとブレードが回転し、その回転が動力伝達軸を通じて、ナセルと呼ばれる装置の中に伝わります。

このナセルと呼ばれる装置の中には、増速機という機械が設置されています。
この、増速機がギアを使って回転数を増やし、回転速度を速めます。
そして、その回転を発電機を用いて電気に変換しているのです。

また、このナセルの中にはブレーキ装置も付けられています。
何故ブレーキが付いているのかというと、台風や機器の点検を行う際にブレードの回転を止める必要がある為です。
こういった安全面の配慮もきちんとされているのです。

こうして風の力によって発電された電気は、塔体の中を通って変圧器で昇圧されます。
そして、送電線や配電線を通って届けられるのです。

つまり、風を受けた風車の翼が回転した時に生じる回転エネルギーを、発電機によって電気エネルギーへと変換して利用するというのが風力発電です。



これらの仕組みからも分かるように、風力による発電ではCO2の排出が無いため、自然環境への影響が小さいことが分かります。
また、風というのは世界中に存在する安全なエネルギー源です。
燃料などのように枯渇する心配がない為、長期にわたって利用することが出来ます。

また、設備自体も簡単で運転が容易である為、取り入れやすいのも利点の1つです。

風車の形も、風車の回転軸により水平型・垂直型があり、風車の種類もプロペラ型だけではなく、タリウス型など様々な構造があります。



風力発電は、風の力をエネルギー源としています。

その為、風力発電を利用することで、強風や台風といった自然界が持つ膨大なエネルギーを上手く電気エネルギーへ変換することが出来れば、自然エネルギーを有効に活用することが可能になります。

電気エネルギーは、これからも私たちが生活する上でかかすことの出来ない大切なエネルギーです。
出来るだけ環境に影響を与えることがなく、風という無限大にある自然エネルギーを利用することで発電をするという風力発電が今注目されてきているのです。