風力発電事業化のポイントは費用対効果だけではない | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電事業化のポイントは費用対効果だけではない

風力発電事業化のポイントは費用対効果だけではない


自然エネルギーによる発電が非常に注目を集めています。

とりわけ太陽光発電は発電パネルの普及や住宅メーカーによる普及策も有り、多くの住宅に採用されるほど注目度が高くなっています。

一方で風力発電はその発電機器のコストが大きいことも有り、なかなか普及しない状態となっています。第一の問題は、その費用対効果の問題です。

風量発電を行うためには、風を利用して発電を行うための機器が必要になります。

その機器とは風の力を効率よく発電機に伝えるための回転運動に変える風車と、風車の回転運動で発電を行うための発電機、および発電機で発電した電気を蓄えておくための蓄電池などです。

特に風を回転運動に変えるための風車は発電量に応じて相応の大型のものを用意する必要があるため、非常に高額なものとなります。

その為、風力発電に於ける費用対効果は太陽光発電に比べるとはるかに低い物となってしまうことが多いものです。

その為、風力発電は決して効率の良い発電方法とは言えず、自然エネルギーを利用した発電方法の中ではあまり普及していない発電方法となっています。

しかし、風力発電のメリットは費用対効果だけにあるものではありません。

日本の様は気候の変化の激しい地域に於いては、風のエネルギーは非常に容易に得られるものであること、また山間部などの日照時間の短いところでは太陽光発電は決して効率の良い発電方法とは言えないということから、日本に於いては風力は最も入手することが容易な自然エネルギーと言えるものです。

その為この風力を発電に利用することで、日本に於いては多くの地域で発電が出来るということになるものです。

また、風力発電のメリットは夜間でも発電できるという点にあります。

太陽光発電は日中の日照がある時間帯しか発電することはできず、結果として発電できる時間が短くなります。

又、雨の日などは発電することが出来ず、そのため効率が非常に悪くなってしまうということも有るのです。

現状に於いては太陽光発電の方が費用対効果が非常に高い物であり、国をはじめとした公共機関からの補助も手厚いため広く普及していますが、高級的に発電できるという点を考えると、風力による発電の方がより効率が高い発電方法と言えるものです。

その為、今後のエネルギー確保を行うための手段としてさらに普及をしていくことで、現状では非常に効率が悪いとされている費用対効果も向上していく可能性が高くなるものと期待されています。