風力発電における展開と今後の見通し | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電における展開と今後の見通し

風力発電における展開と今後の見通し


風力発電は、再生可能エネルギーの中でも、多くの期待が寄せられています。

今までは、遊ばせておくしかなった山間部を、発電式の風車を設置することにより、巨大な発電プラントとして成立させられるようになったからです。

これにより、日本の大半を占める山林を、自然破壊を最小限に留めつつ、有効利用することができます。

また、風というものは、太陽の光とは違って、24時間吹き続けているものです。それだけに、より継続性の高い発電を可能としています。

こうして蓄えられた電気は、自治体におけるコストを軽減し、地元の農家などへ還元することも可能です。

まさに、日本の風土にふさわしい再生可能エネルギーといえます。

このように、風力発電には数多くのメリットがあることから、各地において積極的に設置されるようになりました。

しかしそれによって、弊害が発生したと訴える人も少なくありません。

事実として巨大な風車は、従来の景観を一変させました。

見上げるほどのスケールを有する構造物に、不安を駆り立てられることもあるでしょう。

また、風車が回ることにより、騒音が発生することもあり、今まで静穏な環境にいた人ほど、気になることは確かです。

そして、日本においては、毎年台風の発生というリスクがあり、風を真正面から受ける風車を、破壊してしまうことも珍しくはありません。

さらに近年における気候の変化により、竜巻の出現頻度も増えており、これらによる損害も設置者は念頭に置かなくてはなりません。

また、常に稼働していることはメリットに他なりませんが、それだけ劣化も早くなってしまう側面もあります。

常に安全点検やメンテナンスを怠らないよう、心がけることが肝要となります。

もし故障を放置しておけば、風力発電施設は単なるモニュメントに過ぎなくなるのです。

こうした懸念を受けて、風力発電における今後の見通しとしては、新設備の開発が行われることになっています。

従来の風車型ではなく、らせん状に風を受ける発電施設が、海外で試みられています。

これを用いることにより、設置スペースを大幅に削減し、かつ騒音問題もクリアできるようになりつつあります。

これからは、従来のものに加え、こうした新設備も併用しながら、さらに多くの土地で発電が行われるようになるのです。

また、都市部の屋上を活用する取り組みも始まっています。

まだ耐用年数に課題はあるものの、これが浸透するようになれば、太陽光発電と共に、町の電力を大きく補うことができるのです。