風力発電のメリット・デメリットについて | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電のメリット・デメリットについて

風力発電のメリット・デメリットについて


風力発電にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

自然エネルギー派の人は、風力発電は非常に地球にやさしく、メリットはあってもデメリットなど全くないように考えている人もいますが、これは正しくありません。

どんなものであってもメリット・デメリットがあります。それを説明していきましょう。

とはいうものの、確かに現状ではメリットのほうが大きいというか、大きいと言わざるを得ないくらいに、従来の発電方法のデメリットが目立つようになってきていることは間違いないでしょう。

火力発電は発電に必要な化石燃料がそもそもいつまで持つのか、日本のような天然資源に乏しい国では価格面でも安定して供給できるのかという問題があります。

さらに、排出する二酸化炭素の問題も無視はできません。

二酸化炭素は地球温暖化の原因となり、細かい点では種々議論はあるものの、現状のペースで二酸化炭素の排出をいつまでも続けていては、もう地球は私たち人間を含むあらゆる生き物にとって快適な環境であり続けることができないというのは専門家の間ではほぼ共通した認識となっています。

原子力発電については、直接的には二酸化炭素の問題はないものの、ひとたび事故が起こったときには何が起こるかというのを私たちは目の当たりにしました。

決して事故は起こらない、起こさないと言っていたはずものが、たかだか数十年に過ぎない期間の間に世界的にみて2回も3回も大事故を起こしたことから目をそらすことは誰にもできません。

少なくとも風力発電にはこのようなデメリットはなく、それはとりもなおさずメリットであると言えます。

しかし、決してメリットだけではなく、デメリットもありますので、デメリットもしっかりと考えたうえで議論する必要があるでしょう。

まずは、電力供給の安定性です。

火力発電や原子力発電であれば、発電量は人間がコントロールできます。

しかし、風力はそれこそ風まかせです。

発電や電力全てに対して言えることなのですが、電気というのは蓄えておくことが難しいエネルギーです。

必要なときに必要な量だけ発電しないといけないのにそれがコントロールできないのは大きなデメリットの一つです。

もう一つ、似たようなことですが、時間的な変動が大きいということも挙げられます。

発電量が変動するので、それを火力や原子力で埋め合わせをしようと思っても、突然発電量が大きくなったり小さくなったりするので、需要に追随させることが難しいという側面があります。

メリットとデメリットをそれぞれ理解する必要があります。