ベンチャーキャピタルとフィンテックとビットコイン | ライターお仕事「ライティングマーケット」
ベンチャーキャピタルとフィンテックとビットコイン

ベンチャーキャピタルとフィンテックとビットコイン


「ベンチャーキャピタル」と「フィンテック」と「ビットコイン」には深い関係性があります。

一般にベンチャーキャピタルとは、ハイリスクハイリターンを前提とした、非常に攻撃的な投資を行う投資会社のことをいいます。

ベンチャーキャピタルの業務執行者は出資者から資金を集め、それをファンドという形で運用します。

主な投資先は、独創的なアイディアで新しい分野を切り開こうとする成長著しい未上場のベンチャー企業です。

そのベンチャー企業の経営コンサルティングを行うことで、市場価値の高い企業づくりを目的にしています。

ベンチャーキャピタルの担当者は、取締役会にも参加して投資先の企業の経営陣への指導をします。

また、出資者の多くは日本の場合、金融機関や事業法人といった法人が多いのが特徴です。

次に、フィンテックというワードが、新聞やインターネットなどの各種メディアでよく目にするようになりました。

これは金融を意味するファイナンスと、技術を意味するテクノロジーを組み合わせた造語です。

アメリカのシリコーンバレーから発したこのワードは、日本でも金融と最新テクノロジーを融合させた新しい金融システムと称されており、アメリカのように、フィンテックブームが訪れると言われています。

ブームの発信元であるアメリカでは、既にフィンテック企業が金融業務の大半をカバーできる状態で、銀行の決済分野や企業への投資分野、住宅ローン分野など、大きな利益を生む市場の30%をフィンテック企業が占めると言われています。

そして、その影響もあり、日本でもフィンテックを利用した決済サービスが普及してきました。

スマートフォン決済サービスがその旗手となっており、旧来の銀行などの金融機関の市場を奪うのではないかと言われています。

また、ビットコインが通貨の役割を担うことが期待されている現在では、この決済システムを開発する為に暗号通貨(ビットコイン)の技術(ブロックチェーン)を利用したり、ベンチャーキャピタルへの出資を暗号通貨(ビットコイン)で行なったりということが可能になります。

ベンチャーキャピタル、フィンテック、暗号通貨の一つであるビットコインは、これからの経済に大きな影響を与えることが期待されています。