ビットコインは今が買い?暗号通貨を投資で考える | ライターお仕事「ライティングマーケット」
ビットコインは今が買い?暗号通貨を投資で考える

ビットコインは今が買い?暗号通貨を投資で考える


投資家が投資を行い対象として多いのは株式や為替、債券、不動産などですが、近年になって急激に存在感を増してきた投資対象が仮想通貨です。

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、政府の中央銀行ではなくインターネット上のP2Pというシステムを使って発行されます。ウェブサービスや通販サイトが対応していれば米ドルや日本円と同じように使うことができるため、新たな通貨として大きな注目が集まっているのです。

その仮想通貨には一説によると1000を越える数の種類があるといわれていますが、最も知名度があり汎用性が高いのがビットコインです。海外では多くのウェブサービスで利用することができるようになっており、日本の銀行もビットコインに関する金融サービスを提供する会社に出資するなど実用性も高まっています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を手に入れる方法は二通りあります。ひとつが、コンピューターを使って仮想通貨の発行作業を手伝い、その対価として受け取る方法で、マイニングと呼ばれています。そして、もうひとつが取引市場で日本円や米ドルといった通貨を用いて購入する方法です。

ビットコインは株式市場や為替市場と同じように、取引市場が成立しています。つまり、取引口座を開設して資金を入金し、市場で流通している仮想通貨を購入できるのです。価格はその時点での需要と供給によって変動するため、買った価格よりも値上がったときに売却すれば、その差額を利益として受け取る投資が可能なのです。

しかし、仮想通貨の取引市場は成立してからの歴史が浅いため、株式市場や為替市場と比較して安定性や安全性に欠けています。日本の私設取引所が顧客の資金を預かったまま倒産したことは大きなニュースとなり仮想通貨の信頼性を揺るがす問題となりました。また、自分でマイニングしたコインを取引所に送金するソフトウェアをクラッカーが改造し、取引所に送信するのではなくクラッカーの元に送金してしまう詐欺も発生しています。そのため、投資としては不適格であるとも考えられるのです。

一方で、仮想通貨はこれまでの金融における概念を大きく変える革新的な通貨であり、ごく近い未来には法定通貨と同じ立場になるという意見もあります。ビットコインをはじめとする仮想通貨への投資は、すぐに利益を出すことを目的にするのではなく、将来的な発展を見込んで投資をするのであれば今が買いだという見方もできるのです。