経済産業省の予測「67兆円」の衝撃 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
経済産業省の予測「67兆円」の衝撃

経済産業省の予測「67兆円」の衝撃


ビットコインを含む暗号通貨(仮想通貨)でしようする「ブロックチェーン」技術に対して、経済産業省は「潜在的な国内市場規模」は「67兆円」になるとする予測を2016年4月末に発表しました。

そして、国の今後の製作の一つであるフィンテック(金融とITの融合)の一つとして、今後の政策に生かすとの考えを示しています。

「ブロックチェーン」とは、インターネット上で複数の人が取引記録などを相互に共有し監視、認証し合う仕組みのことで、従来のシステムよりも安価で改竄などが難しく、今後の技術革新の一つとして、その発展が期待されています。

有名な事象の一つに、今から20年以上も前の1994年当時、マイクロソフト社のビル・ゲイツが「銀行機能は必要だが、今ある銀行は必要なくなる」と発言したことが、正に今、フィンテック革命により実行されようとしている。