民泊をビジネスにして儲かるのは〇〇〇な人だけ | ライターお仕事「ライティングマーケット」
民泊をビジネスにして儲かるのは〇〇〇な人だけ

民泊をビジネスにして儲かるのは〇〇〇な人だけ


「あなたも民泊で副収入を稼げる!」というタイトルがサラリーマンの関心をかうこの頃。お昼のコーヒー代を出すか出すまいかで悩むサラリーマンにとって月数万円の副業はとっても魅力的。

新生銀行が発表した「2016年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣いは月に37,873円が平均だ。女性会社員は少し減って33,502円。

お昼代に限ると、1度のランチに使うお金は、男性会社員の平均587円に対して女性会社員の平均は674円。女性の方が多くなるという面白い結果が分かった。一方で、コーヒー代をけちるサラリーマンの寂しい懐事情も明らかになった。

自分の部屋を貸し出して収入を得る民泊。はたしてどれくらいの収入が見込めるのか。少し計算してみた。

世界民泊最大手のAirbnbが発表した「日本におけるホームシェアリングに関する活動レポート」によると、ホストの年間収入の平均は122万円であった。月10万円だ。

月のお小遣いが3万5千円ほどのサラリーマンにとって月10万円の収入は大変な魅力がある。「自分も民泊に挑戦しよう!」と考える人が続出するのであろう、都内で開かれる民泊に関するセミナーはどこも盛況だと聞く。

しかし、収入が発生するなら経費も発生すると考えるのがビジネスマンの視点。この点については、自分の住んでいる家の部屋を民泊として貸し出すのか、それとも、民泊のため新たに借りた(もしくは購入した)部屋を民泊として貸し出すのかによって大きく変わってくる。

前者のように自分の住んでいる家の空き部屋を有効活用するのであれば、民泊のために要する経費は実質0円である。一方で、後者のように民泊のための部屋に経費が発生する場合は、それが原因で利益が1万円、最悪の場合は利益が赤字になる事も考えられる。

自分の家の部屋を貸し出す場合で考えてみる。家賃などは実質0円なので、あとは維持管理費がいくらなのかを気にすればよい。考えられるのは、清掃代、備品の交換代、水道光熱費くらいだ。月10万円の収入から数万円の経費を引いた額を稼ぐことが可能だ。そう考えると、「自分の家の空いている部屋を貸し出せる」と言う条件を満たせる者に限るが、月の小遣いが3万5千円ほどの者にとって民泊は、すぐにでも取りかかりたい魅力的な副業と言えることが分かる。