家計簿アプリの使い方 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
家計簿アプリの使い方

家計簿アプリの使い方


休日や連休になると散在してしまう、毎月、何に使っているかわからない感じでお金が減っていってしまう、もっと貯金ができるようになりたい、という方は、家計簿をつけるといいかもしれません。最近は、スマートフォンで使えるタイプで、しかも無料の家計簿アプリもありますので、気軽に使ってみるのはどうでしょうか?

家計簿と聞くと、一番に考えるのが、「ちゃんと続けられるだろうか?」と言うことかもしれません。確かに、最初の節約や貯金への情熱が長続きしないこともありますし、家計簿をつけること自体が面倒くさくなってしまう場合も多々あります。ですが、最近の家計簿アプリは、その点、よく考えられているものが多いと言えます。こちらでは、スマートフォンで簡単につけられる家計簿アプリとその使い方、使うメリットを取り上げて考えてみます。

家計簿をつけるのは続かないが、写真を撮るのは大好きと言う方は、レシートを写真で撮って収支計算をしてくれるタイプのアプリを使うといいかもれません。使い方はいたって簡単です。人気のアプリを例に説明しますと、まず、選んだ家計簿アプリをダウンロードして、アカウント登録します。登録が完了すると、すぐにアプリを起動できます。アプリを起動すると、カメラアイコンが表示されますので、タップすると、カメラ画面が起動しますので、レシートを写真にとります。そうすると、自動的に、品目と金額が区分けされて表示され、その内容で家計簿をつけていってくれるというわけです。ですので、時間がある時に、レシートを写真に写してゆくだけで家計簿が完成されます。

さらに、この写真に撮るタイプの家計簿アプリですが、面白い機能が付いたものがあります。それは、レシートの内容を分析して、レシピを紹介してくれるという機能がついているアプリです。そして、単にレシピを紹介してくれるのではなく、NHKの「きょうの料理」で放送された有名講師のレシピを紹介してくれるというので、毎日メニューを考えることにつかれている人は利用するとよいでしょう。

写真にとるタイプのアプリですと、レシートの品目がそのまま項目になってしまうのがいやな方は、シンプルに入力できるタイプの家計簿アプリを使うとよいでしょう。入力項目は、日付と項目と金額の3つだけのものがあります。修正をすることも容易ですし、日計、週計、月計、年計を出すこともできます。さらに、円グラフで支出の割合を確認することもできます。