日本の太陽光発電事業の今後の見通し | ライターお仕事「ライティングマーケット」
日本の太陽光発電事業の今後の見通し

日本の太陽光発電事業の今後の見通し


日本では東日本大震災以後に太陽光発電が注目をされて、続々と関連施設が建設されていった経緯があります。全国の各地にはメガソーラーが建設されたり、一戸建ての屋根にはソーラーパネルが設置されたりしました。その結果として、急激に太陽光発電による電力量が増えていくことになります。

しかし、各地にメガソーラーが短期間で増えたために、一部の電力会社では新規の電力参入会社を制限するような動きが出ました。そうした動きがあったことで、太陽光発電事業に参入する企業は一時に比べて鈍化傾向が生まれています。また、自然エネルギーによる電力の買取価格が下落していることも、新規参入に慎重になる企業が多くなる原因となっています。

その結果として、国内の太陽光発電事業の今後の見通しとしては従来ほどの急拡大は見込めない状況が出てきています。しかし、業界のパイとしては緩やかに拡大していくこと可能性が高くなっています。業界のパイが拡大していく理由としては、まず太陽光パネルの変換効率が高まっていくことが挙げられます。太陽光パネルの変換効率が高まると、同じ敷地内で従来よりも多い電力を発電できるようになります。そのため、メガソーラー事業の収益性が高まることが期待できます。

今後においても電力の売電料金は下がっていくことが予想されますが、発電効率が高まることで十分にカバーすることが可能になっていくと考えます。次に業界のパイが拡大していく理由として、スマートグリットの活用が進むことが挙げられます。太陽光による発電電力は天気に大きく左右されるために、電力の安定供給ができないデメリットが生まれていました。

しかし、スマートグリットによって効率的に電力を供給できれば、太陽光のデメリットが解消することに繋がります。その結果、太陽光発電の規模が大きくなっても、すべての電力を電力会社に買い取ってもらうことが可能となってきます。

また、最近の電力自由化によって、自社で電力供給を行うところも出てくることが予想されます。自社で電力供給ができるようになれば、安心してメガソーラーを増やせる環境が出てきます。さらに将来的には海外の国で太陽光によって発電した安価な電力を日本に送電する計画も持ち上がっています。

モンゴルなどの広大な土地にメガソーラーを作ることで、日本で消費する電力の大部分を賄うことは技術的には可能と言われています。そのため、将来的には電子力発電に頼らない生活ができる時代が来る期待が高まっています。