太陽光発電の投資は稼げるのだろうか | ライターお仕事「ライティングマーケット」
太陽光発電の投資は稼げるのだろうか

太陽光発電の投資は稼げるのだろうか


太陽光発電への投資が少し前から注目されるようになっています。

太陽光発電の投資は実際に稼げるのかといえば、他の羽投資物件と比べると比較的稼ぎやすいという意見が多いようです。

他の物と比べると稼げる可能性が高いという点に注目した日本の企業の多くがすでに太陽光発電への参入をしていますし、海外でも多くの企業が参入しています。

とはいえ太陽光発電に限らず投資にはかならずある程度のリスクがつきものなので、絶対稼げるというものではないという点に注意が必要です。

太陽光発電が稼げる理由として挙げられるポイントとしては、まず日本限定の理由としては原子力発電の事故などの経験からクリーンな再生可能なエネルギーが求められており、現状地方においてはいまだに電力サービスが行き届いていないという問題があり、太陽光が参入できる余白が多く存在すします。

そして太陽光は電力会社との固定契約が結べるため、電力を生産し続ければそれだけ安定した利回りで運用できるという利点があります。

また太陽光による発電は税制などの面で優遇を受ける事が多いという点も見逃せません。

そしてこうした需要が高まる中で太陽光自体の技術面も大きな工場が見られてきているため、生産力が年々上がっているというのもメリットと言えるでしょう。

もちろん投資なのでリスクもいくつか存在します。

太陽光による発電のもっとも大きなリスクとして挙げられるものに自然災害があります。

地震や落雷があればその影響で発電施設が破損してしまう事は十分あり得るので、この自然災害のリスク対策のために保険に加入しておくことが重要です。

分譲型の太陽光に関しては動産に対する保険がもともとセットで付いている事がありますが、大抵の場合火災と台風は補償範囲になっていても地震や水害に関してはカバーしていないものがほとんどなので、これらに関しては別の保険を利用することにしましょう。

これ以外のリスクとしては、ソーラーパネル自体の故障が挙げられます。

基本的にパネルの寿命は長く設置後10年は一定の発電量が見込めるので十分リターンは見込めますし、10年経った後も別に壊れやすくなるというわけでなく、発電量が保証できなくなるというだけなので、災害時の故障のように突然電力が生産できなくなるわけではありません。

他にもリスクはありますが、リスクを踏まえた上でも他の物件と比べればリターンが多くなる可能性が高い物件なのが太陽光なのです。