節約術シリーズ1 日々の生活で節約をしてお金を貯める節約方法 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
節約術シリーズ1 日々の生活で節約をしてお金を貯める節約方法

節約術シリーズ1 日々の生活で節約をしてお金を貯める節約方法


日々の生活で節約してお金を貯める節約方法です。入ってくるものが同じなのであれば、出て行くものを少なくすればよいのです。家事や育児で忙しく外へ働きに出られなくても、主婦ならではの知恵でお金を貯めましょう。

生活には食費、衣料費、交際費、光熱費、等がかかります。どれだけ省くことができるか見直してみましょう。まずは食費です。日本は食べずに捨ててしまう食品が多いもったいない国です。冷蔵庫を過信して詰め込み過ぎてはいませんか。詰め込み過ぎは何がどこにあるかわからなくなるばかりでなく、電気代も無駄になります。まずは賞味期限切れのものに謝ってから綺麗に掃除をしましょう。ドレッシングなどは使いかけが沢山あったりします。サラダだけでなく、焼肉や炊き込みご飯、炒め物や煮物にも使えますので是非使い切りましょう。成分表を見れば、立派な調味料であることが分かる事でしょう。野菜もしなびたままのものが野菜ルームに転がったりしていませんか。これは全てお金を出して買って来たものであると意識することで随分と無駄を出さずに済むはずです。冷蔵庫はなるべく風通し良く、冷凍庫はぎゅうぎゅう詰めが電気代の節約になります。

衣料費はお子さんのいるご家庭ではかなりかさむのではないでしょうか。お子さんの成長は嬉しいですが早いのであっという間に着られなくなったりします。フリーマーケットに出したり、ママ友同士で交換しあったり、リメイクしなおしたりすれば、随分と浮くはずです。手芸に自信のある方はご自分の着なくなった服をお子さん用にリメイクしてはいかがでしょうか。

交際費はほとんどがスマホや携帯電話にかかります。今入っているプランは本当に全部の機能が必要か見直してみましょう。安いプランも出ていますので是非乗り換えを検討してみてください。

最後は光熱費です。これほどはっきりいくら浮いたか分かり易いものはないのでやりがいがあります。お風呂は温かい内に家族全員が入り切り、残り湯は洗濯へ回します。トイレのタンクやバスタブに水入りペットボトルをいれればかさましで水道代も浮きますし、食器をすすぐ時もシャンパンタワーの様に積み上げて小さいものから順に洗っていけばこちらも水道代の節約になります。調理をする時はタイマーを活用しましょう。お湯が沸きすぎたり、肉を焼き過ぎたりと加熱のし過ぎはガス代の無駄です。タイマーを5分刻みにかけ様子を見ましょう。またお鍋の横から火がはみ出しているのも無駄ですので注意しましょう。待機電力をカットするのは当たり前ですが、生活上あまり使わない部屋のブレーカーを落としておくと電気代の節約になります。