節約術シリーズ5 日々の生活で節約をしてお金を貯める | ライターお仕事「ライティングマーケット」
節約術シリーズ5 日々の生活で節約をしてお金を貯める

節約術シリーズ5 日々の生活で節約をしてお金を貯める


近年、収入が少なく、なかなか貯金ができないと悩んでいる方もいるでしょう。収入をもっと増やさないと貯金ができないと勘違いしている方もいるかもしれません。

まずは、収入が多いから貯金ができるという認識を改めることから始めましょう。周囲を見渡し、高額商品を購入し、また、ファッションなどにこだわりブランド物を身につけている方、広い家に住み、外食をしているにもかかわらず、お金に困ったそぶりのみえない方などを見かける場合や、近所でそのような知り合いがいるかもしれません。収入が多く生活が潤っているように一見みえるかもしれませんが、貯金をしているかどうかはわかりません。それなりに羽振りがいい方の場合には、貯金をせずに散財しているだけのケースも多く、周囲からよくみられたいというだけで、見栄を張っている場合もあります。実際にはぎりぎりの生活を強いられていることも多く、そのため、そのような生活に憧れを抱くのはやめたほうがいいでしょう。

堅実に、そして確実にお金を節約して貯めていくことを考えていくことが大切です。

節約方法としては、普段の生活を見直すことから始めるといいでしょう。普段の生活で無駄だと思える行動、そして出費などを見直し、節約できるものを探します。 普段の食事、電気代、水道代、ガス代など家計でいつも普通に支払っているものです。ですが、食事に関しても外食が多かったり、また、お弁当などを買って食事を済ませていると、どうしても食費が高くなってしまいます。また、コンビニをよく利用する場合には、ペットボトルのお茶、缶コーヒーなどを定期的に購入しているならば、それも見直す必要があります。コンビニの場合には、スーパーなどで商品を買うよりも値段が高いため、定期的に利用しているならば、できるだけスーパーで商品を購入するように生活を変えてみましょう。それだけでもある程度節約することになります。また、外食などをできるだけ控えて、自炊をすることで、食費を抑えることにもなるでしょう。

その他にも電気、水道、ガス代なども、自宅で普段ほとんど使わない家電などはコードを抜いておくこと、また電気のつけっぱなしなどはしっかりと消して、無駄な電力消費をしないようにすること、洗い物などは水を多量に出さず、必要な分だけ出すなど水量を調節することも大切です。また、ガス代なども自炊をすることで、ある程度はかかるかもしれませんが、食費が浮く分で、節約につながります。