太陽光発電は環境にやさしい再生エネルギーです | ライターお仕事「ライティングマーケット」
太陽光発電は環境にやさしい再生エネルギーです

太陽光発電は環境にやさしい再生エネルギーです


発電を行う方法には様々なものがありますが、その中には二酸化炭素を多く排出し地球温暖化に関係してしまう発電方法もあれば、二酸化炭素の排出量が少ない環境にやさしい発電方法もあります。発電の方法によっては環境に影響を与えるだけでなく、健康にも影響を与えるものもあるため、その発電方法でどのような影響が周りに出てしまうのか考えなければいけません。

そのように複数ある発電方法ですが、中には環境にやさしい再生エネルギーをしようして発電するものもあり、その一つに太陽光発電が挙げられます。

太陽光発電は、太陽光を電力に変換して発電する方法であり、再生エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の一部になります。環境にやさしい発電方法の一つになりますが、導入するにはメリットとデメリットがあるため、それらを把握して考える必要があります。 太陽光発電のメリットとしては、発電時には廃棄物や排水、排気に騒音などが発生しないため、環境にやさしく周囲に迷惑になりにくいという点が挙げられます。そのほかにも、発電部分には稼働する場所がないため、機械的な故障が起きにくいためメンテナンスも楽になります。また、発電効率は規模に関わらず一定であるので、小規模運用も分散運用もすることができ、需要地に隣接させることで送電コストや送電による電気のロスを少なくすることができます。そして非常用電源としてしようすることもできるので、停電時などには役に立つものになります。

しかし、太陽光発電にはデメリットもあり、太陽光を利用しているため夜間は発電をすることができず、昼間も天候によって発電量に大きな差が出てくることが挙げられます。同じように影が出来たり汚れや火山灰、雪が積もったりすることで太陽光が遮られ出力が落ちてしまうことになります。また、高温時には出力が落ちてしまうので、導入するさいには注意が必要になります。

このように、メリットデメリットがあるので、特性をよく理解して適切に運用することが大切になります。

再生エネルギーには太陽光以外にも、風力や波力に流水、地熱など自然の力で補充されるエネルギー資源になります。そのため、化石燃料など有限である資源に比べて、環境にやさしいだけでなく枯渇することがない点でとてお有利なものになります。

再生エネルギーの割合を増やして、化石燃料などを使用することを減らすことは、安全保障の面からも望ましいものになります。