節約術シリーズ9 日々の生活で節約をしてお金を貯める | ライターお仕事「ライティングマーケット」
節約術シリーズ9 日々の生活で節約をしてお金を貯める

節約術シリーズ9 日々の生活で節約をしてお金を貯める


お金は気にしていないと知らないうちに減っていき、今月何に使ったんだっけということになってしまいます。毎日の節約の積み重ねで、月末や給料日などのお金を締める日に節約できた成果が感じられるのです。

節約することがケチ臭いとか大変と考えてしまうと、お金のことばかり考えてしまい苦しくなってしまいます。ですが日々の生活の中で節約していくとビックリするくらい楽しくて、こんな方法があったのかと新しい発見もできるでしょう。

自分一人で節約をしていても、家族が無駄に水を流していたり電気をつけっぱなしにしていてはお金は貯まらず節約の意味もありません。家族で楽しみながら節約方法を実践していくことで、お金の大切さを皆で感じることができるのです。

特に、子供達には教育的にも良い勉強になるでしょう。これから大きくなって成長した時に一人暮らしをすることがあっても、節約方法を知っておおけばスムーズに生活ができ少しのお金でも十分に生活ができるでしょう。

毎日の出て行くお金をしっかりと把握しておきましょう。少しの買い物でもノートに記しておくことで後から見直した時に、これは無駄な買い物だったと感じることもあるのです。買い物の回数が増えると、どうしても無駄な出費は出てしまいます。調味料が足りないから一つ買い忘れたからと言って、スーパーに出掛けるのは危険なのです。

スイーツや値引きされたものについ目が行ってしまい買ってしまうこともあるのです。節約しているつもりでも、誘惑には勝てないこともあるのです。そういった誘惑の機会を減らすことで、出費を抑えることができるのです。

買い物には、家族でいかないことが一番なのです。子供や旦那を連れて行けば必ずと言って良い程、予算オーバーの買い物になってしまうのです。

おやつも毎回買っていると、食費と同じくらい使ってしまうこともあるでしょう。

スナック菓子ではお腹も満たされないことが多く、ついつい何個も食べてしまうのです。思い切って、お菓子を買わない生活をしてみましょう。

トウモロコシやサツマイモをふかして食べるなど、スナック菓子よりもお腹にたまるようなおやつにしてみるのも節約方法です。お菓子がないと、その分夕飯が美味しく感じられて子供も残さずに食べてくれたりするのです。

少し夕飯の時間を早めたりなどして工夫をしてみましょう。

毎回の食事にかかる金額の上限を決めておいて、夕飯には500円までしか使えないなどの予算内で食事を準備するという方法も良いでしょう。

予算内に夕飯が作れた日は、目標が達成されて嬉しい気分になるはずです。

日々の生活の中で節約をしていきお金を貯めることが大事なのです。