太陽光発電のメリット・デメリットとは何か | ライターお仕事「ライティングマーケット」
太陽光発電のメリット・デメリットとは何か

太陽光発電のメリット・デメリットとは何か


太陽光発電投資を開始しようと考えている方がいるかと思われます。金融投資やマンション経営などと比べてリスクが低いので賢明な選択だと評価することができます。ただ、メリット・デメリットの両方が存在しているので、しっかり認識した上で行うことが求められます。まず、メリットについて見ていきます。メリットはやはり安定した収益が期待できる点を挙げることができます。固定買取価格になっているので、発電できればコンスタントに収入を得ることはできます。株式投資のように価格変動のリスクを心配したり、マンション経営のように空室を心配する必要がないので、成功する可能性がかなり高いと言うことができます。

初期投資は10年ほどで回収することができるので、後は全て収入になります。

一方、デメリットとして、台風などの自然災害に弱い点が挙げられます。太陽光発電は台風の被害によって故障したり、使えなくなってしまうケースがあるので、自然災害のリスクは十分に考えなければいけません。九州などの西日本は台風が1年間に何回も直撃するリスクがあるので、行う場合は保険で備えておくことが絶対に必要です。数万円程度の修理で済めばいいのですが、数十万円以上かかったり、初期費用と同じくらいかかってしまうケースが少なくないので安易な選択は禁物です。せっかく太陽光発電で稼いだ額が台無しになってしまうので、万が一に備えておくことがとても重要です。また、天候不良が長期間続いてしまうと期待していた収益が得られない点もデメリットとして挙げることができます。また氷河期のような状況になることは十分考えられるので、その辺のリスクも考えて行う必要があります。その他には、屋根に設置する場合は屋根に負担をかけてしまうこと、申し込みから設置までに時間がかかってしまうこと、所有している家や土地でないと設置できないケースがあること、100%の投資回収を保証していない等があります。

他の投資商品よりは明らかにリスクが低いので魅力的ですが、デメリットがあるので100%成功するという考えは捨ててください。どんな投資でも絶対はないので、適当に行うことのないようにしてください。さらに太陽光発電の特徴である固定買取制度がどこまで続くか分からない問題もあります。旧民主党が政権時代にできた制度なので、無くなってしまう可能性が十分考えられます。現時点だけでなく、長期的な視点を持ることも重要なポイントです。