太陽光発電の仕組みについて | ライターお仕事「ライティングマーケット」
太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電の仕組みについて


最近では自宅の屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光発電を行っている家庭が増えてきています。

これは、自ら電気を作って利用することで電気代の節約になり、それに加えて、作った電気を売る事で売電収入というものを得ることも出来る為です。

では、太陽光発電とはどのような仕組みなのかというと、太陽電池を用いることで太陽のエネルギーを電気エネルギーに変換し、家庭で使えるようにするという発電システムです。

太陽電池によって変換されたエネルギーは、接続箱という装置に送られます。

ここで、太陽電池からの直流配線を一本にまとめます。 次に、一本にまとまった直流配線をパワーコンディショナという装置に送ります。

ここで、太陽電池を用いて発電した直流電力を、交流電力に変換します。 そして、分電盤という装置に送られ、家の様々な配線に電気を分けて利用するのです。

これらの仕組みで、自然エネルギーから電気エネルギーを自ら作り出し、消費することが出来るのです。

そして、一般的な太陽光発電システムは、電力会社の配電線とつながっています。

その為、発電した電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆潮流することで電気を買い取ってもらうことができ、売電収入というものも発生してきます。

つまり、太陽光による発電量が多ければ、自宅で使う電気をまかなう事が出来るのはもちろんですが、余った電気を売ることが出来るのでさらに収入になって返ってくる場合もあるという事です。

そして、太陽光発電は自分で何かを操作したりという手間が一切ありません。

自動的に発電を行い、自動的に作った電気を使用したり売ったりすることが出来るのです。

太陽光発電を利用する際に心配されるのが、曇りの日や夜に利用する電気はどうなるのかという点です。

こういった場合は、従来通り電力会社の電気を使うことが出来ます。

その為、今までは利用する電気の全てを電力会社から買って供給してもらていたところを、必要最低限の電気を電力会社から供給してもらうという形になるので、大幅な節約にもなり、環境にも良いのです。

また、設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるというのも利点の1つです。

その為、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの広さや場所などのニーズに合ったシステムを設置することができます。

しかし、一番の利点はなんといっても、自然エネルギーを利用して発電するという仕組みになっている為、環境にとても優しい発電システムだということです。

その為、普及率もどんどん上がってきているのです。