風力発電,導入費用 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
風力発電,導入費用

風力発電,導入費用


再生可能エネルギーが脚光を浴びており、太陽光発電や地熱発電など様々なものが登場しています。その中でも馴染み深い発電方法が風力発電です。海の近くなど風が一定の方向から比較的安定した場所であれば、確実に発電をすることができることから、多くの場所で風力発電が行われています。最近では買い取り制度などを利用し、風力発電を売ることで収入を得ようとする人もいますが、どれだけの導入費用がかかるのか、あまり分かっていない人が多いのも事実です。

風力発電の基本的なメカニズムとしては、翼が回り、その動きが増幅され、発電機を動かし、変圧器を通して変電が行われ、送電線を通っていくというものです。導入費用としてはまずは設置費用、それに変圧器や変圧施設の費用、電気をある程度貯めておく蓄電に関する費用、送電線の費用など色々とかかります。これらはあくまで大型のものであり、小型の場合であれば、ある程度コンパクトにすることができるばかりか、太陽光パネルなどを使って無駄のない形で発電をしていくことになります。設置までの流れとしては、まずは立地と設備に関する検討を行った後で、経済産業省への設備認定の申請、電力会社への契約申し込みなどが必要になります。当然ながら自分たちだけでこれを行うのは大変なため、施工業者が代行して行ってくれるケースがほとんどで、これにかかる費用が最初から上乗せされている場合と別途必要な場合とで分かれる場合があるため、見積もり段階で聞いておくことが求められます。その後、発注を行い、施工となり、発電や売電となり、毎年1回、発電量や経費に関する報告を行うという流れです。太陽光発電と比べ、色々と工程があるため、なかなか普及しない要因にもなっています。また、最初の段階から売電まで半年以上かかることもネックとなりがちです。

小型の風力発電の場合、導入費用としては1基あたり50万円というのが相場になりつつあります。これにはポールやケーブル、設置費用など様々なものを含めてその金額となります。中には25万円ほどでできるケースもあり、DIYや電気に関する知識さえあれば自分たちで簡単にできてしまうものも出ていますが売電ができないなど制約もあります。また、常に風が一定に吹いているということも必要であり、ある程度の土地があるということも条件となります。土地を購入してそれ専用のところにする場合にはそれだけの費用もかかることから、余った土地を有効に活用したいという場合におすすめであり、太陽光発電よりも小さな面積で行うことが可能です。