「ソーシャルレンディング(Social Lending)」と「クラウドファンディング(Crowd Funding)」の違い | ライターお仕事「ライティングマーケット」
「ソーシャルレンディング(Social Lending)」と「クラウドファンディング(Crowd Funding)」の違い

「ソーシャルレンディング(Social Lending)」と「クラウドファンディング(Crowd Funding)」の違い


「ソーシャルレンディング(Social Lending)」と「クラウドファンディング(Crowd Funding)」の違いについて記載します。

結論としては、「それほど大きな違いはない」ということなのですが、単語も違うように少しだけ意味がことなります。


ソーシャルレンディング(Social Lending)は、「Social」と「Lending」という2つの単語から構成されています。

まず「Social」は、フェイスブック等の「ソーシャルメディア」にも代表されるように、「社会」や「社会性」と訳されます。

次に「Lending」は、主にお金などを借りる際に用いられる単語で、「貸付け」や「ローン
」と訳されます。

この2つを繋ぎ合わせたのがソーシャルレンディング(Social Lending)で、直訳すると「社会性のある貸付け」となりますが、これは資金調達手段の一つとして「インターネット上でお金などを集めるサービス」を意味します。


そして、クラウドファンディング(Crowd Funding)も、「Crowd」と「Funding」という2つの単語から構成されています。

まず「Crowd」は、「群衆」や「集団」そして「グループ」と訳されます。

ちなみに、日本語でカタカナだと良く勘違いされてしまうのですが、クラウドサービス(Cloud Service)の「クラウド(Cloud=雲)」とは意味が異なります。

次に「Funding」は、主に資金調達の際に用いられる単語で「支援」や「資金提供」または「資金調達」と訳されます。

この2つを繋ぎ合わせたのがクラウドファンディング(Crowd Funding)で、直訳すると「集団での支援や資金提供」となりますが、こちらも資金調達手段の一つとして「インターネット上でお金などを集めるサービス」を意味します。


「ソーシャルレンディング(Social Lending)」も「クラウドファンディング(Crowd Funding)」も、どちらも「インターネット上でお金などを集めるサービス」を意味します。

つまり、サービスこそ違えど、ほとんど大きな違いはありません。

「クラウドファンディング(Crowd Funding)」の大きなジャンルの一つに「ソーシャルレンディング(Social Lending)」があるというイメージです。

「ソーシャルレンディング(Social Lending)」が「お金を借りたい人(企業)」と「お金を貸したい人(企業)」を結びつけるサービスを意味するのに対して、「クラウドファンディング(Crowd Funding)」は「資金(お金)を調達する人(企業)」と「資金(お金)を提供する人(企業)」という違いです。

「お金の貸し借り」をするのか「資金の提供と調達(「貸し借り」ではなく「株を買う」ようなイメージ)」をするのかの違いと言えます。