再生エネルギー,水素発電 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
再生エネルギー,水素発電

再生エネルギー,水素発電


ここ数世紀で世界の人口はかなりの規模になり、様々な国で経済が大きく発展してきました。

これを受け現在の電気消費量は膨大な量になり、その消費量は現在もどんどん増えていく傾向にあります。

日本でも利用できる電気量を増やすため原子力発電所の増設などを行ってきましたが、地震による事故が発生してからはクリーンで効率の良い発電方法を模索するようになってきました。

このクリーンで効率の良い発電方法として現在注目を浴びているのが太陽光や風力、水力などで行う再生エネルギーと呼ばれるものです。

その再生エネルギーの利用方法の中でも水素発電はその高効率と大幅な省エネ化が可能な点で非常に注目されています。

水素発電による燃料電池の効率は石油や石炭を利用した火力発電よりも優秀で、火力発電の効率が35%の所が燃料電池の場合40%になり、温水で発電した場合は80%というかなり効率の良い発電方法になります。

化石燃料を基本とした発電方式の場合、日本ではその資源を自給できないため、海外から輸入するしかないのですが、紛争や経済状況によってエネルギー資源の価格は大幅に変動するため、将来の予測が立てづらいという問題がありました。

水素による発電方式であれば、水素自体は色々な作成方法があり、化石燃料のように海外の事情に振り回される事なく、一定の予算で安定した共有量を実現することが出来るというメリットがあります。

現在はまだ天然ガスなどの化石燃料から行う水素生成が主流ですが、将来的には再生エネルギーからの水素生成が行われる可能性が高く、そうなれば自国のみでエネルギー生成が可能になるため、海外の情勢に振り回されることはなくなります。

再生エネルギーでの生成が出来ない場合でも質の低い石炭である褐炭やそのた未利用エネルギーであるガスなどによって水素生成が行われる可能性は高いので、この場合でもエネルギー資源供給先の選択肢が増え火力発電に比べ大幅なリスクヘッジが期待できます。

水素発電は火力発電と比べると二酸化炭素の排出量がかなり少なくなるため、環境に対する影響も減らすことが出来、二酸化炭素排出量の減少によって日本が世界に貢献できるというメリットもあります。

現在ではまだ化石燃料を利用した水素発電しか実現できていませんが、予想では2040年くらいまでに再生エネルギーによる水素発電が可能になるとされているため、現在のエネルギー問題が解決するのもそう遠くない未来かもしれません。