高額配当 年間「6.5%超」の利回り期待 J-REITの魅力 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
高額配当 年間「6.5%超」の利回り期待 J-REITの魅力

高額配当 年間「6.5%超」の利回り期待 J-REITの魅力


J-REITは日本の不動産を投資対象とした投資信託です。

近年、不動産の運営会社ではREITとして証券市場に上場をすることで、次の不動産取得のための資金を確保するようにしています。そのため、ここ数年では多くのREITが証券市場に上場を果たしている状況があります。また、J-REITは不動産からの賃貸収入の一部を配当として投資家へ還元しているため、高額配当が受け取れるメリットがあります。J-REITの中では年間「6.5%超」といった金融商品まで存在しているほどです。

日本の預金などでは利子は、ほぼゼロの状態となっていることから、高額配当がある金融商品は非常に魅力があります。金融商品によっては企業の業績などに応じて配当の減配リスクが存在しています。しかし、不動産を投資対象とした金融商品では、家賃収入は安定する傾向があるために比較的減配リスクが少ない点も魅力となります。

今年の1月においては、日本でもマイナス金利が導入されました。マイナス金利となると、預金や債券などの利回りはさらに下がることになります。そのため、相対的に不動産投資信託は金融商品としての優位性が一層高まっています。また、マイナス金利の導入によって、銀行などは不動産向けの融資を増やすことが期待できます。その結果として、日本の不動産市場が活況になっていくことが想定されます。

銀行などでは個人向けの住宅ローンを組みやすくしたり、不動産運営会社向けの融資を増やす見込みがあるからです。したがって、今後は不動産投資信託の基準価格が上昇していく期待も出ています。なお、J-REITは多くの不動産投資信託にまとめて投資をできる特徴があります。そのため、様々な不動産の種類に分散投資ができるメリットが出てきます。不動産の分散投資ができると、景気の変動に左右され難いポートフォリオを組むことが可能となります。また、J-REITへの投資では年間3%程度の高額配当をもらうことができます。さらに証券会社によっては毎月分配型の投資信託を選ぶことで、毎月配当を受け取ることが可能です。毎月高い配当がもらえる金融商品は、特に収入が少ないシニアには適しています。

毎月の年金額にREITからの配当を加えれば、以前よりも豊かな生活が送れるチャンスが出てきます。日本においては、2020年の東京オリンピックまでは不動産市場が堅調になるとの見方があります。したがって、現在のREITへの投資は安心して行える環境が広がっていると言えます。