勘定科目を知るシリーズ 地代家賃 | ライターお仕事「ライティングマーケット」
勘定科目を知るシリーズ 地代家賃

勘定科目を知るシリーズ 地代家賃


フィンテックとは金融とテクノロジーを融合させた、新しい時代のシステムです。金融といえば銀行などの一部の企業が独占的に仕組みを作り出し、多くの人がその仕組みに従うしかありませんでした。お金を引き出すのに手数料がかかる、お金を借りたくても審査が厳しい、少ない借り入れでは金利が高いといった問題が、テクノロジーとの融合で解決しやすくなっています。 富裕層以外の人にとって革命的なフィンテックですが、実は富裕層にも恩恵が得られる優れた部分を持っています。

金融の取引がテクノロジーを通じて便利に安く行えるようになるため、資産が潤沢にある富裕層が、コストを掛けずに資産を動かしたり、お金を増やせるようになったともいえます。富裕層以外の人にとっても恩恵の得られる仕組みですから、それらの人から恨まれずに資産管理や運用ができるメリットがあります。

潤沢な資産を使ってスピーディーに取引したい場合に、スマートフォンの機能やインターネットを使うことで、金融取引の煩わしさが解消され、資産を増やす速度を上げることができます。

しかし、フィンテックの仕組みを取り入れたからといって、リスクが下がるわけではありません。大きな失敗を防ぐためにも、資産分散を必ず検討したいところです。 フィンテックを活用した資産分散方法として、国際分散投資サービスがあります。以前からあったサービスですが、スマートフォンを使って簡単に最適なポートフォリオの作成をアドバイスしてもらえるように工夫されています。投資調査や運用の大手企業が開発したアルゴリズムによる簡単な質問が用意されており、それに回答すれば、自分の今の状態に適したポートフォリオのアドバイスがもらえるという仕組みです。

費用がとても安いのが魅力です。注目度の高い8Now!というサービスがありますが、ここなら1万円程度で利用が可能です。さらに投資顧問料として、ポートフォリオの評価額の0.88%を支払う仕組みです。今まで資産分散を適切に行うために、高い費用を払って投資顧問を雇ってきた富裕層にとっては魅力的なサービスだといえます。

また、フィンテックを利用した資産分散として、ソーシャルレンディングにも注目しましょう。従来の投資方法とは違い、仲介事業者を通じて融資をする方法です。銀行預金よりも遥かに高い利回りが得られるのがメリットです。銀行に多額の資産が眠っているなら、ソーシャルレンディングに資産分散して、効率良くお金を増やすことをおすすめします。