point

記事を販売するコツ

題材を設定しよう!

質の良い記事を書くためにまず必要なのは「題材」と「ターゲット」です。 
「題材」は何についての記事を書くのか、「ターゲット」はどの層に向けて書くのかを表しています。

まず「題材」は自分の好きなこと、得意なこと、詳しいことから書いていくことをお勧めします。 
確かに売れる記事に人気のジャンルがあるのは確かですが、初心者の方は書きやすい題材からチャレンジしていくことでモチベーションを高く保てます。 
慣れてくるまでは自分の興味のあるジャンルから記事を書くと良いでしょう。

ターゲットを決めよう!

次に大事なのは記事を読む層、つまり「ターゲット」です。

主婦・ビジネスマン・フリーター・大学生・専門家…あげるとキリがありませんが、層の数だけ需要があります。 
記事を書く際は、どのような生活水準の人に読んでもらいたいか意識して書くと良いでしょう。 
例えば自分が主婦であるなら主婦層向けに、経営者であるなら経営者向けなど、自分の立場と似た方に向けて書くとイメージが湧きやすいかもしれません。

ターゲットがしっかりと定まっていれば、購入する側も保有しているメディアに合わせて記事を選びやすくなります。

タイトルを工夫しよう。

「タイトル」は読者をひきつける最も重要なアピールポイントです。 
いくら記事の内容が素晴らしくても、タイトルで読者や購入者を惹きつけられなければ中身の記事はなかなか読んでもらえません。

文章の中身を簡潔に表現し「読んでみたい!」と思わせる工夫が必要です。 
「○○な人の特徴7選」や「○○は何故○○なのか」など、思わずクリックしたくなるようなタイトルが望ましいと言えます。 
「転職希望者必見!」「30代女性必読」などタイトルでターゲットを明確にするのも良いでしょう。


倒置法や比喩表現、疑問系の文章などを使用したり、語句の順番を入れ替えたりして魅力的でダイレクトなタイトルを作ることが大切です。

見出しをつけて読みやすくまとめよう!

記事を書くにあたり、読者や購入者の「読みやすさ」も意識しなければなりません。 
欲しい情報がどのあたりに書かれているのか一目でわかるので、記事に「見出し」をつけるのはとても効果的です。

多すぎると却って読みづらくなるので、一つの記事に対し3〜5つの見出しが理想的です。 
見出しの書き方も起承転結を意識し、最後は記事全体のまとめとして仕上げると全体にまとまりが出るでしょう。

間違いがないか見直そう!

記事が書けたら最後は記事の見直しです。 
言葉の間違いや誤字脱字は意外と多いものです。記事が完成したあとは気を抜かずにしっかりと記事を見直しましょう。 句読点の多さや英語での表記なども大事なチェックポイントの一つです。

句読点が多すぎたり、逆に少なすぎる文章はとても読みづらいので、最後に見直してきちんと整理してから投稿しましょう。

誤字脱字も購入率を下げる原因となってしまいますので、投稿の際には注意が必要です。

まずは投稿!

記事を書くのはなかなか大変ですが、慣れてくると誰でも質の良い記事をたくさん書くことができます。

まずは数をこなし、評価の高いライターさんの記事を分析してみてください。きっと色々な工夫をしているのがわかると思います。 
何よりも大事なのは無理のないペースで楽しく続けることです。 


ライティングマーケットではみなさまの投稿をお待ちしております!